ギンイロノナミダ - Diary

Diary

2006.1.1(Sun) 新年おめでとうございます

サイトは7度目の年越しです

新年おめでとうございます

いやいやいやついに2006年ですか。今年はトリノ冬季五輪やらサッカーワールドカップやらスポーツの大会が目白押しですね。あと箱根駅伝も(箱根駅伝は毎年です)

まぁ、昨年は「運動をする!」と意気込んでいたものの骨折やらリバウンドやらでなかなか思うように運動ができませんでした。まぁ運動できなかったからリバウンドしたわけですが。

一年の計は元旦にあり、と申します。ここはいっちょバシッと今年の目標でも立ててみますか。

<一年の計>
 動く
</一年の計>

ということで今から近くの自販機までタバコ買いに行ってきます!激しい運動は息切れするからダメだよ!

2006.1.2(Mon) 酒はじめ

朝から飲んだくれております

酒はじめ

6連休も今日で5日目ですよ。毎日飲んだくれております。年末を理由に。そして年越しを理由に。昨日からお正月を理由に。理由なんてものは必要ないのかもしれません。ただ飲みたいだけなのです。

いや、しかし時間や明日を気にせず飲めるのは幸せなことですね。安上がりな幸せです。これで年末ジャンボが当たっていたら毎日が酒まみれでご機嫌ですよ。さて、いざ当選確認!

そんなわけで今日は自棄酒です。酒を飲む理由など必要ないのですが。

2006.1.3(Tue) 観正月

HDDレコーダー万歳

観正月

寝正月ならぬ観正月ですよ。年末年始に撮り溜めした古畑任三郎の再放送やGyaOエウレカセブンの再放送やリアルタイムではお笑い番組ばかり。もうね観疲れた。

テレビを見ていると当然口元が淋しくなり、タバコも連続して吸うのは健康に悪いのでちまちまと食ったり飲んだりしています。体重計乗るのが怖いっすよ。

年頭の目標で「動く」って決めたばかりなのに、動くのはリモコンを押す指先だったり、画面を見る眼球だったり、ひたすら咀嚼する口だったり、飲み込む咽喉だったり。あうー。

あぁ、もう一つ動くものがありましたよ。食指がガンガンと動いています。えぇ、動く方向は二次元の世界だったりするのですが。今年は(も?)爽やかなオタクを目指して動いていきますよ。

2006.1.4(Wed) 年賀状

新年早々びっくりした

年賀状

食っちゃ寝、食っちゃ寝してた年末年始休暇も終わり、今日から仕事ですね。広がった胃をどうしてくれようか。

それはそうと小学校来の友人から年賀状が届いていたわけなんですけれども、美しい奥様と可愛らしい娘さんと一緒に写っている彼の写真はそれはそれは幸せそうで。まぁ羨ましいだなんてこれっぽっちも思わないのですけれども。えぇ、当然負け惜しみですが。

で、その年賀状に「"銀色ノ涙"だったっけ?たまに見ています。」…うわぁぁぁぁ!お前何見てんねん!いつお前に教えたよ!なんて正月早々驚いてしまいました。

まぁ、何にせよ見ていただいているのはとても喜ばしいことなので、彼らの期待に添えるよう毎日更新しようと思います。隼人くん、ご家族共々いつまでもお元気で。

2006.1.5(Thu) 新しい手帳

気分だけ心機一転

新しい手帳

年が明けたので新しい手帳を使い始めました。仕事以外の予定がまるでなく、仕方がないので新刊コミックの発売日を記入してみたり。うわーマナブさんオタクっぽーい!違う!「ぽい」じゃない!オタクなんだYO!(キレ方が間違っています)

それはそうと、今年の初夢。もうとても他人に話せる内容じゃありませんでした。あんな初夢を見たのは33年間生きてきて初めてでございます。まさに初夢ですよ。幸いにも発夢にならなかったので万事OKでございました。分かる人にだけ分かればそれでいいです、はい。

2006.1.6(Fri) 壊れました

明日からどうしよう

壊れました

朝、目が覚めて「あれ?まだ目覚まし鳴ってないよなぁ…早く起きすぎちまったか…俺も年だな、へへっ。」って時計を見たら8時。そりゃもうがむしゃらに飛び起きて出勤しましたよ。アホかあの目覚まし時計。

で、目覚まし時計を調べてみたらどうやら壊れてしまったらしくて、時間になってもベルが鳴らない。そりゃ毎朝毎朝サイドテーブルから落としていたら壊れるわな。嫁だったらとっくに実家に帰っているところだ。

本当に壊れてしまったのかなぁ、短い付き合いだったなぁと電池を入れ替えてみたらけたたましく鳴り響くベル。おいおい壊れてねえじゃねえかよ。朝鳴らないのは嫌がらせかよ。

とりあえず朝起きるべき時間にセットして眠りに就こうと思うのですが、明日の朝が気になって眠れません。目覚し時計のおかげで不眠症。本末転倒じゃないのか。

2006.1.7(Sat) 究極の目覚し時計

買ってきた

究極の目覚し時計

昨日の朝は8時15分でした。それでもギリギリで職場に到着。もう新年早々こんなことはコリゴリだ。ということで早速目覚し時計を買ってきた。店の兄さんが「これはいいですよ。大音量なので隣の家の人まで起こしちゃうかもしれませんよ。」いや、それは困る。しかし隣の都合より俺の朝が大切だ。

そんで試しに今朝起きなくてもいいのに7時にセットして寝てみたのだが、効果覿面。飛び起きた。

店の兄さん曰く「僕もこれ使っているのですが、最近は目覚ましが鳴るとびっくりするのでセットした時間より早く起きるようになりましたよ。」ある意味究極の目覚し時計だ。きっとそのうち朝6時くらいに飛び起き、夜は9時くらいに寝れるようになるに違いない。全くもって不本意である。

2006.1.8(Sun) 出初式

今年は暖かかった

究極の目覚し時計

愛車に積もった雪はほとんど解けたのですが、なぜかてっぺんに残る雪。しかも再凍結して氷の塊に。仕方がないので氷を乗せたまま出動。

昨年は雪混じりの小雨の中行なわれた出初式ですが、今年はよほど日頃の行いが良かった所為か太陽も照り比較的暖かく感じました。まぁ、終わる頃には足がキンキンに冷えていたわけですが。俺の足は飲みごろの缶ビールか。

とりあえず松の内も明けたということで、出初め、書初め、姫初めも終わったことでしょう。まあ中には姫初めではなくてカキ初めだった方もいらっしゃるかもしれませんが。

今年も自分の事は棚に上げるのが得意なマナブでした。

2006.1.9(Mon) 亡国のイージス

なかなかの俳優陣

亡国のイージス・真田広之

深夜にDVD鑑賞。亡国のイージス観ました。ダイハードを規模縮小した日本版ってとこでしょうか。アクションよりも俳優個人個人の演技が良かったです。キャストを見ていたら真田広之、寺尾聰、中井貴一、佐藤浩市なんて豪華な面々。しかし吉田栄作はどこに居るのか見つけきれませんでした。豊原功輔と真木蔵人はすぐに分かったのになぁ。あ、安藤政信は分からんかった。あとジョンヒ役のチェ・ミンソを岩崎ひろみだと勘違いしてましたよ。なんかゴメン。

ビールを飲みながら観ていたのですが、自宅で観ると酒が進む進む。気付いたら500ml缶2本空けてました。この調子で今夜は戦国自衛隊1549でも観ようかな。

あ、でも正月特番の古畑任三郎まだ観てなかったな…。HDDレコーダーも良し悪しだ。

2006.1.10(Tue) 古畑任三郎

やっと観終わった

古畑任三郎

連休はずっとテレビを見ていた気がします。でもまだHDDに女王蜂が残ってます。

年末から古畑任三郎の再放送をずっと見ていて、かなり頭が古畑よりになってます。他人の発言の矛盾点とか突っ込みたくなるのですが、己の発言に責任持てないし、逆に突っ込まれるとうろたえてしまうので黙してます。寡黙な任三郎。

今回で古畑任三郎は終わりらしいのですが、勿体無い気がしなくもないです。気が向いたら「帰ってきた古畑任三郎」とか「古畑任三郎R」とか「古畑任三郎~2010年宇宙の旅」とかやって欲しいですね。

あと、古畑任三郎の犯人役はトリックが暴かれそうになると慌てて反論しますが、黙っとけばバレないのに、とテレビに向かって呟く33歳の独身男性は魅力的だと思う。思え。

2006.1.11(Wed) 練習

意外とハード

練習

今週末の土曜日に友人の結婚披露宴がある。そこで余興をする羽目させていただくことになったので放課後に空き会議室で練習。

意外と梃子摺ったが、なんとか上っ面だけ覚えて今日の練習は終了した。さっき風呂から上がったら軽く筋肉痛になっていることに気が付いた。

なんだかんだと言っても身体は年をとるもので、もう20代の頃のように無理はきかないのだなぁとしみじみ。そういえばおでこも随分と広くなった気がする。

抜毛なんて他人事だと思っていたが、そうでもないのだなぁ。

それはそうと県庁の星読了。視点の変化が多すぎる気がした。なんにせよ映画化らしい。主演は織田裕二、柴崎コウ。ストーリーが原作と異なるのだろうなぁ。☆

2006.1.12(Thu) 出た!

あと4枚

出た!

昨日からどうもノドがイガイガして鼻の周りがぼんやりとした靄に包まれたような感じがしている。風邪っぽい症状だが今日も元気に仕事だ仕事。銀のベンザ飲んで仕事だ。仕事中はのど飴舐めつつはちみつゆずドリンク。風邪よ、来るなら来い!受けて立つぜ!

それはそうと、私の勤める会社の地下に売店があるのですが、そこで森永チョコボールを買うのが日課になっておりまして。退職するまでにおもちゃのカンヅメを当てるのだと息巻いておったのですが、昨年秋から続けているのですが未だ天使には出会えなかったのですよ。

ところが、今日の昼。食後のドリンクと共に購入したチョコボールを開封してみると!出た!銀のエンゼル!キャッホゥ!

銀色ノ涙の管理人が銀のベンザを飲んで銀のエンゼルが出て、今日は銀尽くしでございます。ひょっとしたら銀魂の11巻も発売されているかもしれません(銀魂11巻は2/3発売です)

2006.1.13(Fri) 風邪気味

受けて立ったら逆にやられた

風邪気味

他人の夢に勝手に出演して娘の名前は名雪と決められた72年生まれのマナブです、こんばんは。ギャルゲー大好き!小森さんありがとう!

それはそうと、風邪を引いたみたいです。明日は友人の結婚披露宴だというのに。ということで今夜予定していた銀らじは来週20日に延期します。楽しみにしていらっしゃった方すいません。昨日の日記で「風邪よ、来るなら来い!受けて立つぜ!」なんて書いておきながら、見事にやられました。もうね、こっちも歳なんだから手加減してくれりゃいいのにね。

とりあえず風呂入ってあったかくして寝ます。明日までに治るかなぁ。

2006.1.14(Sat) 披露宴

飲み過ぎました

披露宴

友人の披露宴に行ってきました。なんかずっと飲みっぱなし。目出度い席での酒は進む進む。

それはそうと、自分のハンドルネームが「マナブ」という、普通にありそうな名前で本当に良かったと思う。オフなどで自己紹介するときでも「銀色ノ涙のマナブです。」普通っぽい。これが「NEVERLANDのおっさん35号です」だったらピーターパンシンドロームも真っ青である。さっぱり意味がわからないし意味などないのだけれど。

披露宴に招待する人はほとんど本名を知っている人だろうが、このIT時代、オフで出会い結婚した人も多いはずである。出席者席次表に記される「新郎同僚・山田太郎」「新婦従妹・田中花子」の他に「銀色ノ涙管理人・マナブ」だとか「転がるタイヤに苔は生えない管理人・タメゾウ」だとか「2ch毒男板同胞・バス男」だとか。

「結婚を心より祝福いたします。またお店にもご夫婦で遊びに来てくださいね!メイドカフェ・ぱるてのんメイド一同」なんて祝電が読まれたりするのである。なんかそれはそれで魅力的だ。

とても自分の披露宴でやる勇気はないのですが、もし「銀色ノ涙管理人・マナブ」として私が呼ばれるならば勇気を出して参列する覚悟はできています。

2006.1.15(Sun) 二日酔い

飲み過ぎて筋肉痛

二日酔い

ここ数年、飲み過ぎると首から肩、二の腕にかけて筋肉痛が出るようになった。飲んでる最中は全くもってどうもないのだから性質が悪い。二日酔いが筋肉痛と同義になっている。歳の所為か体調の所為か。

それはそうと、久しぶりに読書欲が沸いてきた。寝る前にベッドで横になってページをめくることがこの上なく楽しい。まぁ、夢中になりすぎると翌朝が辛くて仕方がないのだが。

以前、先輩が「本は水物だからね」なんてことをおっしゃってまして。「読みたい!」と思ったときに手に入れておかないと手に入れることはおろか読むことすら能わぬものだそうで。確かに。「まだ後からでも良いだろう」と購入を躊躇った数々の本。もはや読むことはできないのであろう。

しかしながら「…こんな本買うんじゃなかった…」なんて後悔することもまた然り。己の肥やしになるか本棚の肥やしになるかは読了後にぞ判断できるものなのである。

本棚の肥やしを数年後に読み返してみると新しい発見があってそれはそれで面白いのだけれど。