ギンイロノナミダ - Essay

Essay

78.未亡人への道オフレポ~はじめてのおふかい

未亡人への道オフ会から帰ってきました。詳細と絵はまた後ほどアップ予定。ちなみに本物のオフ会に行ったのは今日が初めて。初対面の人ばかりの中に入るのはすげぇ緊張した。変な汗とか汁とか出まくり。

照準をメインの人に合わせるのは他の方に任せて、俺が話を出来た人について語ります。

まぁ、昨日の日記にも書いたのですが、10時半と6時50分を間違えて飛び起きてしまい、仕方がないので洗濯したり掃除したりゲームしたり本を読んだり尻を掻いたり味噌を舐めたり屁をこいたり味噌を舐めたりメールをしたり味噌を舐めたりしていたらいつの間にか後ろから睡魔に襲われてました。羽交い絞めですよ。目覚めたら4時だったもの。5時までにしなきゃいけないこと盛りだくさんだったのに、慌てて準備して済ませること済ませてオフ会へ。集合場所に30分遅れて到着したのですが、もちろん誰もいませんでした、というか30数人の団体が見当たりませんでした。仕方がないので一次会の場所に直行しようとしたのですが、店を覚えていません。かろうじて「益正」は覚えていたのですが、半径1kmに益正は4軒。うん、巡った。「30数人の団体の予約入ってませんでしょうか?」と聞きじゃくった。すげぇ恥ずかしい。オフ会前から羞恥プレイ。変な汗とか汁とか出てくるし。最後の店でビンゴってのはマーフィーの法則ですか。親富孝通りをとぼとぼと歩いていたときにつじあやの似の女性とすれ違って、「ん?ひょっとして…」と思ったのですが、そんな声をかけるなんてことできるはずもなく。まさかオフ会場で再会できるとは夢にも思わず。taeさん、すいませんでした。

無事に店に辿り着いたは良かったのですが、皆さんがもう揃っていて、「はて、俺はどうやって入っていけばいいのだろうか…」普通に「オフの会場ここですか?」なんて聞いて「は?ここは筑紫丘高校30期生同窓会ですよ。オフ?プゲラ」なんて笑われたらもう立ち直れないかもしれない。むしろ勃たないかもしれない。同窓会とオフを間違えただけでトラウマEDなんてことになったらどうしようなんて考えていたのですが、普通に入っていけました。よかった筑紫丘高校の同窓会とかしてなくて。


その後は飲みつつ食いつつ喋りつつ笑いつつ、"つつ"ばかりですがつつがなく一次会は終了し(上手いコト言いましたよ)二次会のカラオケに移動。一次会のラストで同じ市内から来ているまたきちさんとトーク。年も近いし意気投合。ですが彼はイケメンだったので見とれてしまいました。竹之内豊に似てました。うん、なんかずるい。いや羨ましい。サイト公開できることを同じ空のしたから祈っております。また移動中に一次会で帰ってしまう瀬戸さんとお話していました。浴衣の似合うステキな人でした。こっそり見とれていました。内緒ですが。

しかしまぁ、なんといいますか。イケメン&美人の勢ぞろいですよ。オフ会ってもうちょっとオタク臭漂うものかと思ってましたが、オタク臭が漂ってたのは俺だけでしたね。デオドラントスプレーでこっそり隠していたのですけど。オフ会と言うよりイケメン軍団の飲み会でしたよ。事前に分かっていればプチ整形とか肉体改造とか豊胸手術とかして参加したのに。本を出していたるb-さん、膝が割れていたB1同盟のpapaさん、子供が高熱を出していたととろねぇさん、福岡に生まれた沖縄顔のりしょうさん、いろんなアビリティを持った方々に囲まれて飲むウーロン茶ってホント最高でした。車で行くんじゃなかったよホントによぅ。

このオフの目玉というかメインは二次会のカラオケでした。えぇ、生まれて初めてコスプレカラオケを経験しましたよ。誰かコスプレデリヘル呼んだのかと。女子校制服からメイド、バドガールまで。お金払わなきゃいけないかと思いました。ホント目のやり場に困りました。えぇ、ちらちらとしか見てませんが多分水色でしたよ。ウーロン茶オンリーでテンション上げるほうが無理ってもんなのですが、なんかいつの間にかテンション上がっちゃって踊っちゃいました。翌日筋肉痛になったのは内緒です。

ここまで書いて気付いたのですが、主催者のkaedeさんまことさんにぜんぜん触れてない。なんだこのオフレポ。もう少し続き書きます。記憶が薄れるその前に。想いが重なるその前に(平井堅)

kaedeさんは少年の心を持ったまま大人になったような人でした。ていうか若い。俺より年上なのに若い。ウチの近所のナントカ塗装のイケメン社長(同級生)に似てて、心の中で本気で間違えてました、すいません。左耳のピアスが可愛いなぁってずっと見とれてました。隙あらば奪おうかとすら思って…ません、ごめんなさい。まことさんは巨乳でした。巨というより爆、いや、暴乳でした。暴れてました。揺らしたら「ぶぉん!ぼぉぉぉん!」ってスターウォーズのライトセイバーみたいな音が出そうでした。どないな例えやねん。乳ばかり見ててお顔をあまり覚えていないのは内緒です。ウソです、ちゃんと覚えてますって。

そんなこんなでオフを思う存分楽しんだわけですが、残念ながら魔法が解ける12時に退散してしまったので、その後のkaedeさんの女子校生ルックを生で見ることができずに涙を飲みました。飲み干しました。一升瓶一気飲み。ぷはぁ。あんな楽しいオフ会は生まれて初めてでした。ていうかオフ会自体が人生初だったので、はじめてのおふかいがこんなに楽しいものでよかったのかと。第2回がありましたらまた是非参加したいものです。主催者のkaedeさん、まことさん、幹事のドラゴンさんをはじめとして参加された皆様、ありがとうございました!次回参加するときは自動更新処理を施し準備万端で臨みます。「更新があるので帰ります」なんて言いませんから!

(2005.7.18、7.19追記、7.20追記)