2000.4.30(Sun)

前日の予告通り、久留米ラーメンを食べに行きました。道に迷うこと2時間、ようやく見つけた大砲ラーメン昇和亭。行列ができていた…。待つこと十数分、ようやく店内に。張り紙を発見「29,30日は半額」。思わぬラッキーディ。替え玉をそれぞれ1つずつして退散。まぁ、美味しかったです。

で、ボウリング場へ移動。1ゲーム目、俺の勝ち。2ゲーム目、彼女の勝ち。引き分けってことで。

さぁ、今週はGWである。いろいろな行事が目白押し。わっくわく。

今週ほとんど更新してないね…ゴメンナサイ。温泉旅行の写真もアップする予定だったのに、全然スキャンするヒマなし。週末にまとめてやっちゃうか?

で、今週の動き。火曜日、ブルーだったので飲みに行く。元気になる。水曜日、仕事場のPCのネットワークがおかしくなり、あたふた。木曜日、飲み会。ビールと焼酎ロックで撃沈。階段にて転ぶ。

来週からGWだけど、みんな、どこに行くのかなぁ?

なんだか胃が重く、食欲がナイ…。といいつつも、三食きちんと食べ、挙句の果てにはおふくろ達の土産のカステラまで食ったが。

で、黒川温泉旅行記は ESSAY33 に掲載中。もう、サイコーだった。

33.黒川温泉旅行記

4月22日(土曜日)、快晴。待ちに待った温泉ツアーである。急遽運転手となった俺。
とにかく13:00集合までにしなければいけないことがたくさんある。まずはシャワー。
のち彼女を迎えに香椎まで。待ち合わせ場所で彼女を待つこと約3分。
親子っぽい、姉妹っぽい二人連れがこちらに向かって歩いてくる。
しかも片方は1泊くらいの荷物を抱えている。「まさか…」予感的中!彼女のお母さんと初対面。
こんなときに限って半ズボンな俺。ま、恐縮したものの、無事滞りなく(?!)対面を終え、今晩のお酒を購入しに行く。

酒店に着くや否やさっそく試飲を開始する彼女。お気に入りの酒を数本購入し、いざ待ち合わせ場所へ。
5分前に到着。既に4人は来ていた。残り2人を待つ間、簡単に自己紹介。人見知りするやつ、ナシ!
最強キャラM崎氏、15分ほど遅れて到着。ヤングチームとアダルトチームに分かれて出発<基準は聞くな。

車の中ではM崎氏のトーク炸裂。もう笑いっぱなし。同乗していた俺の彼女も女王様Mさまもたじたじ。
でも天気は良いし、道は空いてるし、何もかもが言うことナシ。

黒川に着くと目に飛び込んできたのはサクラ。やっと散り始めたソメイヨシノ。「おおおっ!!」一同、思いがけない感動。
狭い道を通りぬけ、ようやく到着「御客屋旅館」。めちゃめちゃいいカンジな旅館。
チェックインして温泉手形を受け取り、いざ温泉めぐりへ。

男性陣、当然目的は「混浴」。だが昼間から混浴に来る女性がいるはずもなく…
より深いところを求め奥へ奥へと進む…「奥の湯」旅館より徒歩20分ほど…しかし山の奥なだけに期待は高まる。
が、しかし!ここでも空振り…。肩を落としとぼとぼと旅館までの道のりを歩く4人…。夜にまた来ようと決意。

18時半、夕食の準備ができたと電話が入る。ぞろぞろと夕食会場へ移動。「おおおっ!!」卓上に所狭しと並べられた料理の数々。
これは食わねば。まずは梅酒で乾杯。のちビールで乾杯。食べながら、自己紹介タイム。
「はじめまして、M崎です…。」誰も聞いていない既に異様な盛り上がり。
全員回ったところでそれぞれのつながりを確認。男性陣(S戸氏、I本氏、M崎氏、俺)はすべて仕事場つながり。
I本氏とE崎さん、女王様Mさんが大学時代のサークルつながり。T木さんがI氏の彼女。で、俺の彼女。
すっげー訳わからんメンバー構成。だがここでハプニング。I本氏が彼女を紹介するときに「えっと…友達の…」…T木さん、怒る。
一時険悪なムードへ。残りのメンバーのけしかけにより、ようやくI本氏の口から「彼女」の言葉を引き出す。T木さん、めちゃ笑顔。

食事を終え、部屋に移動。さっそく飲む。早くもズブに手を出す二人(俺と彼女)。
なんだかんだと盛り上がる。山手線ゲーム、UNO、アンバランス…大学生のように盛り上がる。
罰ゲーム一発目はS戸氏。尻文字。M崎氏とその一味、外で飲みたくなりコップ一杯の日本酒を持ち夜の散歩。
冷えてしまったので部屋に戻り露天風呂に行く。上がってきたら、既に宴は終結状態。寝る。
でも俺も途中から覚えてない…っていうかここからは書けません。次の朝に行ってみよ~(核爆)

注:何もアブナイことは起きていません。念のため。

6時半起床。昨夜寝たの遅かったに~と不平をたれながらも、モーニングコーヒーを飲みに行く。
…冷え切ったコーヒーサーバー(200円)発見。仕方がないので自販機でホットコーヒーを買い、それをカップに移し、砂糖とミルクを失敬し、飲む。
朝からイイカンジ。朝食前に罰ゲームをかけたUNO。マナブさん、撃沈…。
罰ゲームとは、「朝食時に女王様の朝食一品を奪い、『まずいっ!!』と言って吐き出す」という鬼のようなもの(考案者M崎氏&俺)。
さっそく朝食会場へ。マナブさん、やたらハイテンション。<じゃなきゃやってらんないからね。
しかし、オカズを一品奪うことに気を取られてしまい、肝心の吐き出すことを忘れていた…。
朝食後の風呂でM崎氏よりダメ出しをくらう…(T-T)。

さて、ココからとある展望台へ移動。風は強いし、寒いけど、やたらとはしゃぎまくる。
そう、まるで子犬のように。お次はガンジーファームへ移動。ガンジーファームにてお土産品ゲット。その後、大観望。

お昼御飯はだご汁を食べようと言うことになり、阿蘇を下り、ふもとの店に入る。念願のだご汁にみんなご満悦。

さてさて次は菊池渓谷。「秋に来ると紅葉がキレイなんだけどなぁ」とI本氏。約束が一つ増える。
ぐるりと一周して、モドル。ココからは太宰府まで一気に。

途中メロンドームとかいろいろ寄ったけどね。でも、ホントいい旅行でした。また行きたいなぁ。ね、企画してくださいね、I本氏。

午前中は何がそんなに忙しいんだが分らないくらいにあっという間に時間が過ぎた。っていうかもう木曜日だよ。最近月曜日はブルーだけど、週末が近づくにつれ、だんだんとテンションが上がっていく自分が好き。土日なんか最高潮だからね。

で、今週末は男女8人温泉ツアーである。飲むぞ!飲むぞ!飲むぞ!温泉は?

今夜はちょっぴり涙顔…。仕方がないのでズブロッカをロックで少しだけ…。

1.カレーの王子さま

実は根っからのカレー好きである。威張って言うことでもないし、隠すつもりもナイが。小学校の給食の献立がカレーだった日には、一日中ニコニコできるほど。1週間毎食カレーでも大丈夫。最近はちょっとアレだが。。。市場に出回っているカレーも全部制覇したいと思っていたし。さすがにカレーの王子さまは甘すぎたが。

で、小さい頃から外に食事に出ても頼むのはカレー。一度だけ、やたら甘く全然辛くないカレーを食ったことがあるが、よく考えてみれば、あれはハヤシライスだったのではないかと10数年経った今気が付いた。小さな食堂だろうが大きなレストランだろうがいつもカレー。だから小さい頃は和食好きのじいちゃんと一緒に外食するのが苦手だった。

小学校6年生の頃、夏休みにクラスでキャンプに行った。当然夕食のメニューはカレー。ただ、まだその頃は作り方も知らなかったのだ。先生に聞きながら(22歳独身の男の先生)作ったカレーはめっちゃ美味しかったが、作り方を聞いたとき、先生は「全部一緒に煮込んでカレールゥを入れろ!」という、素敵な指導をしてくれた。子供心ながらに「肉は炒めるんじゃ…?」と思ったが、黙っていた。小心者だからね。

大学生になり、一人暮し(正確には男友達と二人暮しだったけど)を始め、最初に作ったのもカレーだった。学生時代はありとあらゆる方法や材料でカレーを作ってきた。最高傑作だったのがグリーンカレー。わざわざココナッツミルクやグリーンカレーペーストを買い揃え、作ったのに…あんまり美味しくなかった…←傑作ちゃうやん。でも鍋いっぱいに出来てしまったので、フツーのカレールーを少し入れてみたら余計変な味に。

捨てるのももったいないので後輩達に電話をした。

「あ、もしもし、俺だけど。カレー作ったんで食べに来ん?」
「え、ホントッスか?すぐ行きます~♪」
…いけにえ2名ゲット。彼らは一口食べた後無言になり、それでも1皿平らげた。
「まだあるよ、食べる?」
「Σ( ̄o ̄;)!!! …い、いや、もうおなかいっぱいっス…」

翌日彼らは学校を休んだ。失礼な奴らだ。

妹の結婚が決まったことは10日前の日記に書いていたとおりだが、そのことで妹は結構悩んでいる。やれ媒酌人だ、やれ結納だといろんなことで頭がいっぱいらしい。こんなとき兄貴として何もしてやれない自分が悔しい。ただ今までは「お兄ちゃん」が先を歩いていたので(学校や就職等)、お手本になることができたが、今回ばかりはそうもいかない。温かく見守るしかないな…。

彼女と唐津へドライブ。バイパスを降り、まずは腹ごしらえで、イカを食う。うまい。運転で飲めない俺に代わり生ビールを昼間から飲む彼女。で、その後唐津城へ。まだ藤の花は咲いていなかったけれど、天気は良いし、海は青いし、言うことナシ。海を眺めながらぼんやりと過ごし、斜めに降りるエレベーター(?!)にて地上に戻る。砂浜で遊ぶ子供達を眺めつつ、防波堤の先端まで歩き、また海を眺めながぼぉっとする二人…。無計画ドライブ、目的地を次は呼子に設定。漁港近くにてイカの一夜干し、アジのみりん干しなどをゲット。呼子大橋を渡り、風の見える丘公園へ。またもや海を眺める。で、そろそろ帰途に着く。バイパス途中の食堂に入り夕食。夕日もきれい。ウニ丼もアワビ丼もうまい。目の前には彼女。もう何もかもが言うことナシ(俺、すっげーノロケだなぁ…)。彼女を家まで送り届け、帰途に着く。家に帰れば当然土産の一夜干しで一杯。

今日のデミ男君の走行距離…240Km。気分は上々。

昨晩、魚がおいしいというお店に行ってきた。カワハギの刺身(肝付き)、めちゃウマ。オコゼの空揚げもおいしかったし、ブリ刺しも言うことナシ。大山もうまいし(春鹿はイマイチだった…)、至福の時を過ごしました。なんてったって隣に好きな人がいるってのが一番いいよ、ウン。。でもそのお店は今日で閉鎖移転。せっかく常連さんたちと仲良くなれたのに…。移転したらまた行かなきゃね。

で、久し振りに朝帰り…。連絡くらいしなさいと親に怒られた。

3週間振りのストリートダンスも疲れた…。ついていくのが精一杯。たった8カウント×6パターンなのに…。

終了後個人レッスンしてもらってカバー。しかし、来週も行けない…。