月別: 2002年8月

53.恋人

Published / by Manabu

2本目のタバコが灰になる頃、僕はようやく部屋に帰りついた。

今ごろ君を乗せた電車は知らない町へ君を運んで行くんだろう。

久し振りに友達と馬鹿騒ぎして、気分良く帰ってきた午前2時。

部屋の灯りが消えているのを気にも留めず、そのままベッドに倒れこんだ。

テーブルの上の君の書き置きにも気付かずに。

翌朝、左手に君の体温を感じなかった僕は慌てて飛び起き、

けれど次の瞬間、「痛っ…!」

二日酔いだ…確かに昨日は飲みすぎた気もする。

とりあえず水を飲もうとキッチンへ。

コップの水を一気に飲み干したあと、テーブルを見るとなにやらメモが。

いや、メモというより書き置きか。

見慣れた、あまり上手とは言えない君の文字。

「しばらく帰らないから」

何度読み返してもそれ以上の文字はなく、僕の頭の中は真っ白になった。

慌てて君の携帯電話にコール。

2回…3回…4回…

コールがなかなか途切れない。

もう一度かけ直そうかと思ったとき、「…もしもし…?」

小さく君の声が聞こえた瞬間、馬鹿みたいだけどホッとして涙がこぼれそうになったんだ。

「もしもし、俺だけど…今どこにいるの?」

「…今は…言えない…」

「言えないじゃないだろっ!心配してんだよ。どこなんだよ?」

「…駅…」

「…わかった…今から10分くらいでそこ行くから、着いたらまた連絡するから待ってんだよ。」

「…うん…」

君の声はだんだん涙声になっていった。

僕は車のキーをつかんで、飛び出した。

もう二日酔いもすっかり覚めてしまった。

駅で君を見つけたとき、君の髪はボサボサで、頬には幾筋もの涙のあとが。

「そんなカッコじゃどこにも行けないだろ。とりあえず乗りなよ。」

君は素直にうなずいて、僕の後に従った。

いつもの元気な君の姿はなく、小さい君がいつもより小さく見えた。

そういえば、君をこんなに真っ直ぐに見るのって久し振りのような気もしたんだ。

部屋に着いて、僕らは床に座り、ただ言葉もなくお互いを見つめることさえもできなかった。

感覚で分かっていた。

口を開けばそれがお互いを傷付け合うということを。

そっと君をみる。

前より少し伸びた髪。

見たことのないジーンズ。

痩せた頬。

初めて見るような視線を投げる僕に君はようやく口を開いた。

「…ずっとね…考えてたんだ…」

君が語ったことは的確に僕を傷付けた。

いや、それは正確な表現じゃない。

僕が君を傷付けていたことを的確に僕に伝えてくれたんだ。

それは誤解やすれ違いの結果に生まれた歪だった。

一息ついて君は小さく呟いた。

「…もう嫌いになったんでしょ…?」

「そんなんじゃないっ!!」

思わず声が大きくなってしまった僕を、君はビックリした目で見つめたあと、

静かに涙を流し始めた。

「ごめん…大きな声だして…怒鳴るつもりはなかったんだけど…」

君はゆっくりと、それから激しく首を横に振ったあと、しぼり出すように

「…もう…このままじゃ…私たちダメになる…。」

小さく、けれどはっきりとした声で言った。

このまま二人で一緒にいたって同じことの繰り返しかもしれない。

ただ、君ともう一度やり直したい。

そのためには僕らにはもう少し時間が必要だった。

お互いが一人になって考える時間が。

君がいなくなったこの部屋は少し気温が下がった気がする。

それは僕に君が必要なのだと思わせるための錯覚かもしれない。

ただ、もう少し考えてみよう。

君が戻ってくるまで。

僕はこの部屋でずっと君を待ってる。

最後に見せた君の笑顔を信じてる。

(2002.8.15)

Inspired by "恋人" from Album「ゆっくり風呂につかりたい」/ KAN

なぜだろう?

Published / by Manabu

悪い気はしないが

今朝、米倉涼子とデートする夢を見た。そんなにファンじゃないのに。
しかし、なぜか今朝テレビでハウステンボスのCMを見たときにドキドキしてしまったのである。

うーん、こんな感覚、久し振りだぞ。
なんだか恋をしているみたいだ。
いや、みたいじゃない。
これは恋なのかもしれない。

中学生の頃「お前、○○○のこと好きなんだろ~?」と言われ、
それまで普通に会話していた女の子なのに次の日から妙に気になって、
「これは…恋…?いや、馬鹿な!あいつは友達だ。友達なんだ!」
と自分に言い聞かせても上手く話せなくなり、
気まずい思いを抱えたまま卒業…なんて記憶はないんだが、それに似たような感覚だ。

というわけで、マナブさんは現在米倉涼子に恋をしております。

ちなみにデート中に交わした会話

涼子「ジーンズの色は何が好き?」
マナブ「そうだなぁ…ストーンウォッシュが好きだな。」
涼子「あたしはね、カリフォルニアブルー♪」
マナブ「カリフォルニアブルー!俺も学生の頃好きだったよ~!」
涼子「ホント?!なんか嬉しい♪」

結構覚えているあたり、俺ってすごいなと自画自賛。
だが、書いてて虚しい気持ちになったのも事実…。

お盆ウィーク

Published / by Manabu

しかしお盆は関係なく仕事をするのである。お盆明けに休むために(北叟笑)

昨日、啓六君(K6-2マシン)に催眠療法(BIOS Setup)を試みたのですが、
啓六君、よほどショックが大きかったのでしょう。
わたくしも不慣れな催眠術(DOSコマンドによるxcopy)などかけたものだから…。
啓六君、再起不能(号泣)

今夜は久し振りに紙と鉛筆で勉強しています…。

全然関係ないんだけど、隣の課に来ている研修生、
廊下を歩くときに元気良く手を振って歩いている。
生きかえるん?(生茶)

雨の日曜日

Published / by Manabu

出かける気はナイ。リルビットヒッキー。

すごいことになったよ。
家にあるPCが3台ともダメになってるの。
アハハ!日頃の行いが悪いからだね!
…いや、笑い事じゃないって。
で、今日も復旧作業。
ようやく啓六くんの脳波が復活。

まだ記憶がとんでいるので、明日にでも催眠療法により記憶を甦らせるつもりです。

千と千尋

Published / by Manabu

今更ながらようやく観ました。

えっと…セレ君、現在のところDVD鑑賞マシンとなっております。
わぁい、無駄遣い!
いまだにネットに繋がりません。
PC側のLANからルーターに対して妙な信号が出ているみたいで、
PCとルーターを繋ぐとADSLが切れてしまうんです。

というわけで、今日もアップできない文章を書いています。

千と千尋については、まぁ、いい映画でしたけど、2回目は観ないと思います。

マジびびった…

Published / by Manabu

二日酔いも一気に覚めた。

昨夜、近所の友人S松宅で飲み会をしたんですよ。
買い出し行って、酒持ち寄って。
学生みたいなノリで。
で、気分良く酔ってましたよ。
12時くらいにおいとまして帰ってきて寝たのですが、
どうやって帰ってきたのか記憶がさっぱりありませんし、
左腕にはなぜか怪我を…。
今朝起きてびっくりしたのだが、二日酔いで頭は重く…。

そんな感じで仕事をしてたのですが、放課後、きもぴから
「マナブさん、心霊写真見つけたので見てください!」
って、パソコンで写真を1枚見せてくれたの。
「よぉく見ないとわかんないですよ!」
と言われたので、よぉく見てたんだけど、見つからない。
「ねぇ、もう降参!どこか教えて。」って言おうとした次の瞬間!
「うぉおぉぅぉぅっ!」
声にならない叫び声を上げ、椅子から転げ落ちました…。

見たい?気になる?

打ち切りかなぁ…?

Published / by Manabu

お休みをいただきました♪

そういえば昨日、少年ジャンプに「世紀末リーダー伝たけし」を連載している
島袋光年氏が売春行為で逮捕されてましたね。
女子高生に8万円渡したとかで。
8万円?!すっげー高いな、東京は!
いや、女子高生が高いのか?
さすがだな、東京。
桑田佳祐も歌うはずだ。←意味不明。

まだ学生のころ、大分の友達が「大分市内は2万だった」と言ってたことを妙に懐かしく思い出しました。

セコムしてますか?

Published / by Manabu

ひゃっほぅ!速いぜセレ君!ギガヘルツオーバーのNEVERLANDへようこそ。

ところが、ですよ。

Windows2000の環境を自宅に持ちこむのが初めてなもので、
というか、今までW95、W98、W98SEでネットワーク組んでたもので、
いきなり「システム管理者」なんてものになったわけですよ。
困りました。
で、「Windows2000~初級編」なんて本を買って読んだのですが、サッパリ…。
インターネットにもつながらない状態です。
その他のソフト関係についてもインストールは完了しておりません。
(ドライバのほとんどをDLしようと思っていたため)
あー、やっぱりOSはW98SEにしときゃ良かったなぁ…。

などと愚痴を言っても始まらないので、明日1日お休みをもらったのをいいことに
1日がかりでセットアップする予定です。

眼鏡を代えたのですが、相方には気付いてもらえませんでした。

ケンカ

Published / by Manabu

忘れてたが、えなりかずきは叶美香と噂になったな…。

昨夜、相方とケンカをしたのです。
まぁ、金銭面のことでね。←イヤらしい。
で、早い話、
「相方は一切、金を出さない」
という結論に達しました。
まぁ、「家のことには金を出したくないし、仕事は早々に辞めるつもりだ」
という相方の自分勝手な言い訳がまかり通ったわけで…。

それならそれでいいから、夜遊びなんかすんなよと気の弱い俺は思うのでありました。

TMRの西川くんとパフィーの由美ちゃんも離婚だとさ。わはははは。

熱愛発覚…?

Published / by Manabu

わはは、ついに安達○実、熱愛発覚だとさ。

しかもお相手は21歳年上の黒○アーサーだと。
いつから付き合ってるのかが気にならないわけでもないが。
それ以上に。
今回は突っ込んでもいいでしょう。
みんなで一緒に突っ込もうよ!
せーの!

ロ○コン!

是非、記者会見ではどなたかに突っ込んで欲しいのだが。

数年後には「えなりか○き、熱愛発覚!」なんて記事も…?