月別: 2002年10月

日記だけ復活

Published / by Manabu

いやさ、こんなのもありでしょ

ちなみに某広報紙の今月のコラムは私が担当してます。読者でない方のためにここにも掲載しましょう。

愛する人がいる。

こう書くと恋愛話のようではあるが、そうではない。愛するという言葉は様々な場面で、むしろ恋とは別の、思慕の意で使われることが多い言葉だろう。

私も、相方を始めとし、両親、兄弟、親戚、友人とたくさん愛する人がいて、もちろんそれらに優劣などつけることはできない。ただ、愛する人に「愛している」と面と向かってはなかなか言えないのも事実だろう。態度や動作で示すことはもちろん可能だし、それは大切なことであるが、声に出して言葉にすることもまた大切なことではないだろうか。沈黙は金と言われる時代ではない。

今日、帰宅したら久し振りに相方に「愛している」と言ってみよう。日頃の感謝の意味も込めて。果たしてどんな反応をするだろうか。

帰宅した部屋に相方がいるといいなぁ。。。

やはり日記だけは続ける

Published / by Manabu

更新もできないのに「まだやるか、俺?」ってカンジで。自分でもビックリさ。多分印度人もビックリだろうね。って、なんで印度人がいつも引き合いに出されるんだろうね。印度人ってのは世界一ビックリしない人種なのかね。確かに露西亜人はいつもビックリしてそうだもんな。

印「コノカリータベルアルヨ!」

露「ハラショー!」

ってそれビックリって意味じゃねぇだろ。しかも印度人、こんな喋りじゃねぇし。いつのまにかゼンジー北京みたいになってるよ。

そういえば福岡の某バーでは有名スポーツ選手の名前を戴いたカクテルを作ってくれるんだが、えりなちゃん(仮名・27歳)は何を勘違いしたのか、えりな「ノンアルコールのゼンジー北京!」天然って羨ましいなぁ。