サンタクロースは大忙し

今日はサンタクロースになる日です

と、金曜日にきもぴに話したんですよ。

きもぴ:「え?マナブさん、孤児院かどこかにプレゼントを配ってるんですか?」

マナブ:「…そうなんだよ。毎年この時期は忙しくてなぁ。でも子供たちには内緒だぞ。」

きもぴ:「そうですね。秘密にしておきます。子供の夢は壊したくないですから。」

なんて会話をしたとかしてないとか。

ま、ボランティア精神旺盛なマナブさんは子供たちにクリスマスプレゼントをたらふく買いました。で、持っていく途中に事故に遭いまして。でも待っている子供たちの笑顔を思うとここで諦めるわけには。捻挫した右足を引きずって子供たちのもとにたどり着くのです。そこで、時々顔をしかめながらも子供たちにプレゼントを配るサンタクロース。そんな姿を見ているみゆき先生(23)はサンタクロースに駆け寄ります。

みゆき先生:「…あの…どこか痛めているんじゃありませんか?」

サンタクロース:「いや…大丈夫です、ただの捻挫です。これぐらい…へっちゃら…で…す…」

倒れるサンタクロース。そうです、彼の右足は捻挫ではなく複雑骨折だったのです。

みゆき先生:「きゃあぁぁぁっ!しっかりして、マナブさんっ!!」

目が覚めるとそこは病院でした。心配そうにみゆき先生が覗き込んでいます。

みゆき先生:「よかった…気が付いた?」

マナブ:「あぁ…ここは…病院?君がずっと看病してくれたのか…?」

みゆき先生:「…うん…心配だったから…えへっ」思わず安心してこぼれる涙。

マナブ:「バカだな…泣くことなんかないだろ。」

みゆき先生:「違うの…安心して…」

マナブ:「…メリークリスマス…」

みゆき先生:「…ん…メリークリスマス…」

なんてドラマは起きそうもありませんが今年もクリスマスがやってきます。マナブさんは部屋にいると思うので、いたずら電話とかしないほうがいいと思うよ。マジギレしちゃうぞ?(目だけは笑わない笑顔で)

P.S.みゆき先生って誰ですか?