過去

いつからか(まぁ、今年からだろうが)ネタが基本になってきた。過去の日記は本当に日記でクソ面白くもない。言葉が悪いですね。うんち面白くもありません。

というか、「日記」なら日記を書かなくてはいけないと思います。幼い頃を思い出してみたいと思います。

小学校の頃、毎日数行の日記を書いて担任に提出していました。あの頃、今の考えがあったらなぁ。

「きょうは、英二くんとこま回しをしました。1回目はぼくが勝ちました。2回目もぼくが勝ちました。3回目のとき、英二くんが「次に負けたら罰ゲームしよう」というので、「バカだなぁ。なんどやっても英二くんは負けるのに」と思って、「うん、いいよ」って言ったら、ぼくが負けました。いまから、ぎんこうごうとうに行ってきます。

担任が即日家庭訪問。俺は親に怒られること必至。親「どうして家業をばらすんだ!」

ごめんなさい。