無用

あまり蚊に刺されない。

動物は本能で選り好みをするのならば、俺の血は相当不味いのだろう。納豆を食べると血液がサラサラになるらしいが、俺は納豆を食さないので、血がドロドロ、いわゆるコロイド状態になっているのではあるまいか。

そのコロイド粒子が蚊の口を詰まらせ、一匹の蚊が窒息死してしまう。それを見ていた他の蚊が(特にその死んだ蚊の妻だとなお良い)俺を刺そうとした他の蚊(息子)に「お父さんみたいに死にたいの!?ケンジっ!」

息子蚊:「離せオフクロ!せめて、せめて一矢報いたいんだ!親父の仇だ!」

ぱしーん!母の平手(羽)がケンジの頬を叩く。

立ちすくむ(飛びすくむ)ケンジ。

「…お父さんはそんなこと望んじゃいないわ。あなたに立派な蚊になってもらいたいはずよ、ケンジ。だから分かって。もう無茶はしないで…。」

「…母さん…」涙を流すケンジ。

ちなみに人の血を吸うのはメスだけらしい。俺の妄想を根底から覆す事実。