実家からメロンを1個貰った。

ひとり暮らしだとそうそう果物も食べない。第一に皮を剥くのが面倒臭い。第二に食べ切れずに腐らせてしまう。第三に果物を買うくらいなら牛肉を買う。そのような諸々の理由があるのだが、今回は貰い物だし、なんと言ってもメロンである。お見舞いの王道。キングオブお見舞いのメロンだ。こんなものは最初に細切れにしてタッパーに入れておけば後が楽だ。というわけでメロンを解体してみた。

種の多さに驚いた。この種を庭に植えでもすれば、たちまち俺はメロン長者だ。来年の夏にはメロン御殿が建つかもしれない。思い立ったが吉日と、全てのメロンの種をかき集め庭に撒こうと…。

庭がコンクリートなのをすっかり忘れておりました。

今夜もコンクリートジャングルの狭間で健気に生きているマナブさんでした。