風邪ではなかった

扁桃腺が喉を押しつぶさんばかりに腫れ上がっている。

今日も病院で点滴。以前、「コレが効けば腫れは直ぐに治る!」と言われて打たれた注射に身体が拒絶反応を起こしてしまい(注入後3秒でゲロった)、時間をかけて地道に直すしかないらしい。熱はK点(40度)を超えない程度に。お医者さまが俺の扁桃腺をコリコリしながら「手術したほうがいいけどなぁ…。」えぇ?!(この日も高熱のためか幻覚にうなされる。ただの扁桃腺炎症ではなく肺炎であったり、奇種のウイルスに感染しているというものであったり、またも夜中に何度となく汗みっちりで目が覚め、そのたびに着替える羽目に。このまま死ぬんじゃないかと思った。大袈裟かもしれないが、本気でそう思った。)