月別: 2005年2月

ハはハムラビ法典のハ

Published / by Manabu
目には目を

目には目を歯には歯を。こんばんは復讐に燃えるマナブです。いや、誰かに復讐しようとかそんなことはこれっぽっちも考えてないんですけど。むしろ俺が復讐される側かしらん。いやん。

ハムラビってなんだか可愛い響きなんですがね。ハムスターとウサギ(ラビット)の混合種みたいで。ハムスターラビット、略してハムラビ。バビロニアの王ハムラビも草葉の陰で泣いていることだろうよ。

そういえば「はむいに」ってニックネームで呼ばれていた公仁先輩は元気かなぁ。

ノはノースキャロライナのノ

Published / by Manabu
懐かしいお菓子

不二家のノースキャロライナとソフトエクレアが無性に食べたくなりました。こんばんは、70年代生まれのマナブです。好きなキャラメルはグリコアーモンドキャラメルです。一粒で二度美味しい。

カンロのナッツボンやUHA味覚糖の純露、どこか忘れたけど乳糖ビガーってソフトキャンディもあったよねぇ。うんこれらを全部知っている人は同年代だと思いますよ。

ちなみにノースキャロライナとソフトエクレアと乳糖ビガーは銀歯に優しくない三兄弟でしたね。うん、銀歯が取れてもよいからノースキャロライナだけはもう一度食べたい。

うずまき絵柄のキャラメルっぽいことしか覚えてなくて味は全く覚えていません。こんな味オンチに食わせるノースキャロライナはありませんかそうですか。

ネは眠いのネ

Published / by Manabu
副作用は恐ろしいなぁ

病は気からと申します。鼻水とクシャミが止まりませんが、花粉症ではないと自己暗示をかけています。自己暗示をかけることにより、本当に風邪の症状が出てきました。そこで先ほど風邪薬を飲んだのですが、副作用が酷いのなんの。とてつもない睡魔と戦いながらキーを打っています。ですがもう限界です。今夜は大人しく睡魔に勝ちを譲るとしましょう。負けるが勝ちと申しますし。

ことわざってのはこんな風に更新に困った時に使えるので便利ですね。温故知新ってヤツでしょうか(違います)

ヌはぬいぐるみのヌ

Published / by Manabu
しりとりでも困る文字

最近は全くと言っていいほどやらないのですが、学生の頃はハマっていました、UFOキャッチャー。酔っ払うとすぐUFOキャッチャー。そんでぬいぐるみぶら下げて千鳥足で帰宅。翌朝目覚めると枕元には知らないぬいぐるみ。女の子じゃないだけマシですかそうですか。

風邪気味なのでこの辺で失礼します。抜井(ぬい)胡桃(くるみ)ってAV女優の名前風のオチも用意していたのですが、役に立ちませんでした。しつこいですかそうですか。

ニは人気者のニ

Published / by Manabu
図らずも今日はバレンタインデー

人気者のバロメーターの一つに「バレンタインに幾つチョコをもらえるか」なんてのがありますが、生まれてこの方2桁のチョコを貰ったことがありません。というか片手で充分の数しか貰ったことがありません。人気者には縁遠いマナブです、こんばんは。泣いてない。

そもそもバレンタインだとかクリスマスだとか誕生日だとかのイベントで恋人とラブラブで過ごすなんてここ2、3年くらいのもので、学生の頃とか悲惨も悲惨。男3人でクリスマスケーキ(ホール)3等分して食った記憶を抹殺してしまいたい。焼酎片手にクリスマスケーキ。ある意味男らしい。

そんなこんなで人気者ではないのですが、たった一人の愛する人から貰えればそれで充分幸せなんじゃないかと、こっそり惚気る次第であります。ごめんなさい。

トは止まれのト

Published / by Manabu
ていうか戻っていいですか

昨日の「テ」、実は「天婦羅」で書こうと思っていたのでしたよ。先ほどネタ帳を見たら「テ…天婦羅」って書いてあったのでせっかくだから書いちゃおう。いい加減だなオイ。

で、天婦羅で何がしたかったかっちゅうと、諸外国語で天婦羅ってどんな表記すんだろうかと同僚のザキ(32歳)と話しててそんでこんな感じじゃねーのって話してたのね。今日はそれを教えちゃおうかななんてね。題してマナブの「外国で天婦羅を食いたくなったらどうする?」

フランス語「Temploisáux」(読めません)

ドイツ語「Templönig」(読めません)

ロシア語「TempЯ’ous」(読めません)

ギリシャ語「Τεμπλα」(読めません)

ハングル語「」(文字すら分かりません)

アラビア語「」(文字すら分かりません)

タイ語「」(こんなオチでスイマセン)

それはそうと今夜23時より銀色ノラジオvol.7 On Air!

テは手抜きのテ

Published / by Manabu
今日はいい天気です

今日の福岡地方は快晴です。休みの日にこんなに天気がいいなんて今年になってからは初めてじゃなかろうか。ここぞとばかりに布団を干したり洗濯したり掃除したりしています。

そんなわけで今日の更新はホントに手抜きなんですが、明日こそ頑張ろうと思う次第であります。

それはそうと明日23時より銀色ノラジオvol.7 On Air!

ツは辛いのツ

Published / by Manabu
ここでやめると中途半端

誰だこんな企画始めたのは。もうネタぎりぎり。ツで始まるAV女優の名前も思いつかない。ツマグロヨコバイで書こうかとも思ったけれど、そんなに話になるような虫じゃないしツマグロヨコバイ。最近見かけなくなったのは農薬が進化したからなのか、それとも生態系の変化なのか。どちらにしろ地球汚染は進んでいるような気がします。

辛いと言いつつもちょっとばかり高尚な話をしたので許してくれよ。明日は頑張るから。(どうやらマナブさん、今夜は一人で飲みすぎたみたいです。うえっぷ。)

チはチチョリーナのチ

Published / by Manabu
友情が芽生える瞬間

友情なんて脆いものです。高校入学して間もなくの頃、お調子者で元気いっぱいの中川くんとアホだけど心の優しい大窪くんと中学時代の名残の坊主頭だった僕は友達になりました。なんで友達になったのかは分かりません。多分気が合ったのでしょう。男同士の友情で身体の関係から始まる友情なんて滅多にないですから。

ところがある日、この友情は崩壊します。なんで崩壊したのか覚えていません。多分大したことじゃなかったのでしょう。些細なことで壊れる友情なんて真の友情ではなかったのかもしれません。

ところが、この壊れた友情が再び、しかも強固に再結合することになります。あれは忘れもしないとある土曜日。朝一人で席に座ってぼんやりしていたら中川くんが話しかけてきたのです。当然その会話は前の席に座っていた大窪くんも振り向かせるほどのパワーを持っていました。「昨日の金曜ロードショーのチチョリーナ見た?」中川くんのこの一言で僕らは再びエロ談義に花を咲かせ、ひとこと言葉を発するたびに友情が強固なものに変わっていくのを実感しました。身体から始まる友情はないけれどエロから始まる友情はあるのです。

そんな3人だったのですが、2年のクラス替えで離れ離れになりそれっきりになりました。エロから始まる友情なんてそんなもん。

チチョリーナ【伊・Cicciolina】-本名イロナ・スターラ。11951.11.26、ハンガリー生まれ。イタリアのポルノ女優として有名。1987年イタリアの下院議員に当選。