ルは留守番電話のル

本当に留守番だ

自宅の電話番号を知る人が本当に少ないので、ほとんど鳴ったことがない我が家の電話。せっかくIP電話なのになぁ。携帯電話の普及率がこんなに高くなるとは思いもしなかったよ。

学生時代はよく電話をしていましたね。一人暮らしのヤツらばっかりだったので、夜中の長電話とかしょっちゅうでしたし。留守電のメッセージも凝ったりしてましたね。「はいもしもし、マナブです…え?誰?…おぉ!何の用?…っていうか俺留守だから!ピー!」みたいなね。

旅行に行ってる友人の留守電に連続10回吹き込んだこともありましたよ。「あ、マナブです。新曲出来たので歌います。♪ラララライララ~…ピー。ガチャン」「あ、マナブです。さっきの続き歌います。♪夕焼けの空にライララ~…」こんなのが連続10回。旅から帰ってきた途端にまた旅に出たくなる。

それはそうと先日我が家の留守電に「お父さんです。今本屋さんにいます。」ってメッセージを残してくれた見ず知らずのお父さん。まだ本屋にいるのかなぁ?