月別: 2005年4月

F is for Finding

Published / by Manabu
探し物はなんですか

Finding

昨日はエンドレスというかあまり意味のない文章を書いたわけですが、実はあの文章の中に歌詞を引用した個所があります。クイズです。引用部分は何箇所でしょうか?正解者の中から抽選で1名様に銀色ノ涙オリジナルグッズを差し上げません。そんなものありません。

それはそうと、今日はFireworkとも考えたのですが、花火にまつわる話もそうそう思い出さないね。先日押入れの奥から古くなった花火が出てきたので、燃えるゴミだろうか燃えないゴミだろうかと小一時間悩みましたが、燃えるかもしれないゴミという区分をそろそろ作って欲しいものだと思う今日この頃です。

ま、押入れの奥から三尺玉が出てきたらそりゃ困るが、線香花火程度なら燃えるゴミでよいのだろうな。むしろ燃やしてそのカスをゴミにすべきだったか。

E is for Endless

Published / by Manabu
ニョキニョキ

Endless

夢かと思ってほっぺたを抓ってみたら思いのほか痛かったので「母さん、絆創膏を知りませんか?ついでに僕の麦藁帽子どこへ行ったんでしょうね?」「知らないわよ。マサルおじさんに聞いてみたらいいじゃない。3歳の頃からあなたを可愛がってくれたのよ。母さんは歯医者に行かなくちゃ行けないから。」そういい残して母は自転車をキーコキーコと漕いで行ってしまったので、僕は一人残された悲しさから電話片手に「ピザカリフォルニアですか?照り焼きチキンピザLサイズを2枚、それからこのカクテルをあちらのお嬢さんに」「かしこまりました」マスターは恭しく頭を下げ、そっと目配せをした。心臓が高鳴る。これは恋なのかもしれない。そっと彼女を盗み見ると彼女は少し照れたように俯いていた。彼女の笑顔が見てみたい。彼女は僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう。センターライン付近から勢いよく放り投げたボールは鮮やかな放物線を描き、ゴールに吸い込まれそうになる直前で失速し、審判の顔を直撃。僕らは試合も忘れて大笑い。みんなも笑ってる。お日様も笑ってる。ルルルルルル~今日もいい天気、洗濯日和だ。今日はシーツも洗ってしまおう。君がどうしていなくなったのか答えを探すように洗濯機が回るのを眺めていた。だんだんと目が回り意識が朦朧とする中、遠くから「…デラ・ギポン・デ・リルカ…」と呪文のような歌が聞こえる。4本目の指がなくなる頃、いつか見ていた夢も終わるのだろうか。むしろこれは夢ではないのか。僕はそう思ってほっぺたを抓ってみたら思いのほか痛かったので「母さん、絆創膏を知りませんか?ついでに僕の麦藁帽子どこへ行ったんでしょうね?」「知らないわよ。マサルおじさんに聞いてみたらいいじゃない。3歳の頃からあなたを可愛がってくれたのよ。母さんは歯医者に行かなくちゃ行けないから。」そういい残して母は自転車をキーコキーコと漕いで行ってしまったので、僕は一人残された悲しさから電話片手に「ピザカリフォルニアですか?照り焼きチキンピザLサイズを2枚、それからこのカクテルをあちらのお嬢さんに」「かしこまりました」マスターは恭しく頭を下げ、そっと目配せをした。心臓が高鳴る。これは恋なのかもしれない。そっと彼女を盗み見ると彼女は少し照れたように俯いていた。彼女の笑顔が見てみたい。彼女は僕がロングシュート決めたらどんな顔する…

D is for DDR

Published / by Manabu
夢見る頃を過ぎても

DDR

PARANOiA MAX!(偏執病最大!)<挨拶

マナブです。僕秩のパクリからスタートです。

1998年12月18日金曜日、俺が初めてDDRをプレイした日です。この日から約1年間、ほぼ毎日踊り狂っていました。いや、正確には踊らされていたのかもしれません。過去ログを漁ってみたところ、99年5月にDDRチームDazaifu Deadly Dancers、通称Triple-Dを結成。同年8月にたかがゲームのために大分遠征。9月にはトリアス久山での大会で2位に入賞しているようだった。どんだけ頑張ってんねん20代の俺。

概算で申し訳ないが1プレイ200円を週4日、1日10プレイ踊っていたとして52週×4日×10プレイ×200円=416,000円!うわぁ!もったいない!

大分遠征や熊本遠征にも行っているし、某国道を車で走りながら見つけたゲーセンに片っ端から入って1プレイして移動するDDRトライアスロンもやったので費やした金額は50万円を軽く超えているのではなかろうか。見返りがない分、パチンコよりタチ悪い。

今ではもう体力等の問題で踊ることができないであろうDDR。当時は「20年後ぐらいに場末の温泉旅館のゲームコーナーに置かれてるんじゃねぇの?」なんて話してたのですが、まだ5年ほどしか経ってないのに普通のゲーセンではほぼ見かけなくなってきましたね。5年前のブームがウソのようです。いつか結婚して子供ができて、そんで家族旅行で古びた温泉旅館に泊まって、そこで当時のDDRを見つけて、子供の前で「父さん、これでも昔はブイブイ言わせてたんだぜ!」っておもむろに200円投下してPARANOiA踊るのが夢です。次の日から子供たちは奇異の目で俺を見つめ、俺は筋肉痛で2日間寝込むのである。なんて夢だ。

C is for Chinese

Published / by Manabu
アイヤ~

Chinese

ニィハォマドゥモァゼル!中華と聞くと餃子しか思いつかない貧困極まりないマナブです、こんばんは。最初の挨拶台無し。

中国、一昨日あたりから大変なことになっているみたいです。やはり文化の違い、価値観、歴史、その他諸々が国を動かすのでしょうね。政府官僚の皆様にはなんとか相互理解を得ていただきたいものです。

俺が小学校3年生のとき、担任の若松先生はそれはそれは厳しい先生で有名でした。何人ものクラスメイトが若松先生のビンタの餌食になったものです。佐藤君なんかビンタされて廊下までふっとんでったもの。今だったら体罰教師って陰口叩かれてもおかしくない。でも「悪いことをしたから叩かれているんだ」と子供心ながらに納得していましたね、あの頃は。逆ギレする生徒なんていなかった。素直な子供だったのですよ、一応は。

そんな厳しい若松先生だったのですが、授業中はギャグを飛ばすこともしばしばありまして。若松先生の十八番は「ワタシ中国人!パーカチルナー!アナタ何言ッテルカ分カラナイアルヨ!」と一つ間違えばキチ○イか人種差別とも思えるものでした。

しかしそこは素直な41人の子供たち。「~アルヨ」と語尾につければ誰でも中国人。誰もが挙って「~アルヨ!ハラショー!」と俄かゼンジー北京状態。若松先生も苦笑していたに違いない。

中華料理を食べるたびに「パーカチルナー!」を思い出す。若松先生、一昨日からテレビ見てて気付いたけど、中国人は誰も「~アルヨ!」なんて喋っていませんでしたよ。

こんな小さな間違いを少しずつ訂正していけば、お互いの国の相互理解が深まると思うのでアルヨ。

B is for Baum Kuchen

Published / by Manabu
英語じゃないじゃん

-め組-のトップページ乗っ取り中のマナブです、ボンソワ。片言なら13ヶ国語ぐらい話せそうな勢いデストロイ。

バウムクーヘンにそれほど思い入れなんてないのですが、昔は結婚式の引き菓子で親がよく貰ってきていたので、親類の結婚式のたびに食っていたような気がします。外側から1枚1枚剥がしながら食ったりしてました。皆さんも経験あると思います。

バウムクーヘンってどうやって作るのか興味があったので調べてみたんですよ。そしたらこんな作り方があるんですね。卵焼きと同じ原理じゃないですか。

でも卵焼きがすぐにスクランブルエッグになってしまうような短気な俺が作ったらバウムクーヘンも「バウムクーヘンを作る生地を使って焼いた何か」になってしまうのでしょうな。短気は損気です。

A is for ASTRAMLINE

Published / by Manabu
更新遅れた

夢の中で一生懸命もやしのナムルを作っていたマナブです、こんばんは。もやしのナムルを作るという夢は夢判断ではどんな精神状態と判断されるのか全くもって楽しみです。

さて、今日からアルファベット更新です。ASTRAMLINE。ご存知の方は日本全国に何人ほどいらっしゃるのでしょうか。アストラムラインとは広島市中心部の本通と安佐南区の広域公園前を結ぶ新交通システム路線です。実は俺も1回しか乗ったことありません。

そんなアストラムラインにまつわる悲しいというか情けない思い出話を書こうかとも思ったのですが、昨日、銀らじをすっかり失念しておりまして。そんなわけで予定を変更いたしまして、今夜11時より1時間、銀らじ~「アストラムラインに乗って説教されに行こう」をお送りします。

明日のBも考えつつ今夜のトークも考えねばならないのか…。一日中寝てた俺が悪いんだけどさ…。

人生の経験値

Published / by Manabu
未経験者歓迎

mixiやblogですなる「人生の経験値」といふものを、マナブもしてみむとてするなり。

30歳もとうに超え、いろいろと経験したはずですが、まだまだ経験していることは少ないようで。両国国技館とか日本武道館とか日清パワーステーションとか関東在住じゃないとほぼ無理ではなかろうか。福岡在住であることを鑑みるに、両国国技館→福岡国際センター、日本武道館→福岡ドーム、日清パワーステーション→福岡ドラムロゴスあたりでどないでしょか。福岡ドーム以外行ったことないけど。

もっとマイナーな経験ってないだろうか。アクアポリスだとか顔面コピーだとかバイク4人乗りだとか。結構誰でもやっているのですね。まだまだ人生は奥が深いです。

リクエストがありましたアルファベット更新は明日から始めます。

スーツの賞味期限

Published / by Manabu
薄くなってきた

仕事柄、年中スーツを着ている。スーツのまま寝てしまうことも珍しくない。今日のスーツは9年前に買ったお気に入りのスーツだったのだが、よく見るとズボンの太腿裏の生地が薄くなっていた。

夏は上着を着ずに出勤することもあるし、春・秋には室内では上着を脱ぐこともしばしば。上着:ズボンの消費率は1:3くらい。スリーピースになると上着:ズボン:チョッキは2:6:1ぐらいではなかろうか。チョッキて。

今年度の出勤予定日数は250日にも満たないはずである。スーツ6着、シャツ6枚、ネクタイ7本を揃えれば6*6*7=252通りの組み合わせで、1年間をカバーできるはずなのだが、毎年2着ずつスーツを買い、シャツは10枚以上をアイロンがけし、ネクタイはすべて結べば首が吊れるほどの長さになるはずだ。首吊りに必要な長さがどれほどなのかは知らないけれど。

というわけで、古くなったスーツやネクタイを潔く処分することに決めた。決して体型が変わって着れなくなったからだとか、そんな理由は後付けでしかない。処分するのは潔いはずだが体型の変化を認めないあたりはあまり潔くない。

カメムシ

Published / by Manabu
迂闊に近寄れない

4月から席替えをして、以前同僚が座っていた机に今座っているのですが、ずっとPCとにらめっこしていて、あぁ目が疲れたなぁ。首も痛いなぁと天井を見上げたところ、カメムシ発見。季節外れも甚だしい。

ところが、思い返すこと今から2年前。あれは記録的な大雨が降って会社がてんやわんやしていたとき。同じ場所にカメムシが止まっているのを見ていたはずだし、それを同僚に指摘したはずだが。

2年前から飲まず食わずで同じ場所にずっと留まっているカメムシ。生きているのならば賞賛に値するが、それを確かめる勇気はありません。

いつか自分が異動するその日まで、頭上のカメムシに怯えながら仕事せねばならないのかと思うと、出るのはため息と屁ばかり。屁が出てもカメムシの所為にできるのでそれだけはありがたい。

うひゃあ

Published / by Manabu
もう仲間外れも甚だしい

同期が結婚するって話を今日初めて聞いた。なんでも3月末から噂になっていたらしいのだが、俺の耳にはトンと入らず。なんだ、仲間外れか。会社に疎外感を感じたらオー人事オー人事(スタッフサービス)

しかもお相手は同じ会社の人なんだと。俺、相手の人と一昨日お話したのに何も言ってなかったよ。何?緘口令?俺臭う??ギプスから変な汁出てる???

でももう知ってしまったので、仲間外れにされることはないだろう。ひょっとしたら彼らはバツイチの俺に気を遣ってくれてたのかも知れないしっていらぬ気遣いだぁっ!

何はともあれ、おめでとう。