二日酔い

飲み過ぎて筋肉痛

二日酔い

ここ数年、飲み過ぎると首から肩、二の腕にかけて筋肉痛が出るようになった。飲んでる最中は全くもってどうもないのだから性質が悪い。二日酔いが筋肉痛と同義になっている。歳の所為か体調の所為か。

それはそうと、久しぶりに読書欲が沸いてきた。寝る前にベッドで横になってページをめくることがこの上なく楽しい。まぁ、夢中になりすぎると翌朝が辛くて仕方がないのだが。

以前、先輩が「本は水物だからね」なんてことをおっしゃってまして。「読みたい!」と思ったときに手に入れておかないと手に入れることはおろか読むことすら能わぬものだそうで。確かに。「まだ後からでも良いだろう」と購入を躊躇った数々の本。もはや読むことはできないのであろう。

しかしながら「…こんな本買うんじゃなかった…」なんて後悔することもまた然り。己の肥やしになるか本棚の肥やしになるかは読了後にぞ判断できるものなのである。

本棚の肥やしを数年後に読み返してみると新しい発見があってそれはそれで面白いのだけれど。

披露宴

飲み過ぎました

友人の披露宴に行ってきました。なんかずっと飲みっぱなし。目出度い席での酒は進む進む。

それはそうと、自分のハンドルネームが「マナブ」という、普通にありそうな名前で本当に良かったと思う。オフなどで自己紹介するときでも「銀色ノ涙のマナブです。」普通っぽい。これが「NEVERLANDのおっさん35号です」だったらピーターパンシンドロームも真っ青である。さっぱり意味がわからないし意味などないのだけれど。

披露宴に招待する人はほとんど本名を知っている人だろうが、このIT時代、オフで出会い結婚した人も多いはずである。出席者席次表に記される「新郎同僚・山田太郎」「新婦従妹・田中花子」の他に「銀色ノ涙管理人・マナブ」だとか「転がるタイヤに苔は生えない管理人・タメゾウ」だとか「2ch毒男板同胞・バス男」だとか。

「結婚を心より祝福いたします。またお店にもご夫婦で遊びに来てくださいね!メイドカフェ・ぱるてのんメイド一同」なんて祝電が読まれたりするのである。なんかそれはそれで魅力的だ。

とても自分の披露宴でやる勇気はないのですが、もし「銀色ノ涙管理人・マナブ」として私が呼ばれるならば勇気を出して参列する覚悟はできています。

風邪気味

受けて立ったら逆にやられた

風邪気味

他人の夢に勝手に出演して娘の名前は名雪と決められた72年生まれのマナブです、こんばんは。ギャルゲー大好き!小森さんありがとう!

それはそうと、風邪を引いたみたいです。明日は友人の結婚披露宴だというのに。ということで今夜予定していた銀らじは来週20日に延期します。楽しみにしていらっしゃった方すいません。昨日の日記で「風邪よ、来るなら来い!受けて立つぜ!」なんて書いておきながら、見事にやられました。もうね、こっちも歳なんだから手加減してくれりゃいいのにね。

とりあえず風呂入ってあったかくして寝ます。明日までに治るかなぁ。

出た!

あと4枚

出た!

昨日からどうもノドがイガイガして鼻の周りがぼんやりとした靄に包まれたような感じがしている。風邪っぽい症状だが今日も元気に仕事だ仕事。銀のベンザ飲んで仕事だ。仕事中はのど飴舐めつつはちみつゆずドリンク。風邪よ、来るなら来い!受けて立つぜ!

それはそうと、私の勤める会社の地下に売店があるのですが、そこで森永チョコボールを買うのが日課になっておりまして。退職するまでにおもちゃのカンヅメを当てるのだと息巻いておったのですが、昨年秋から続けているのですが未だ天使には出会えなかったのですよ。

ところが、今日の昼。食後のドリンクと共に購入したチョコボールを開封してみると!出た!銀のエンゼル!キャッホゥ!

銀色ノ涙の管理人が銀のベンザを飲んで銀のエンゼルが出て、今日は銀尽くしでございます。ひょっとしたら銀魂の11巻も発売されているかもしれません(銀魂11巻は2/3発売です)

練習

意外とハード

練習

今週末の土曜日に友人の結婚披露宴がある。そこで余興をする羽目させていただくことになったので放課後に空き会議室で練習。

意外と梃子摺ったが、なんとか上っ面だけ覚えて今日の練習は終了した。さっき風呂から上がったら軽く筋肉痛になっていることに気が付いた。

なんだかんだと言っても身体は年をとるもので、もう20代の頃のように無理はきかないのだなぁとしみじみ。そういえばおでこも随分と広くなった気がする。

抜毛なんて他人事だと思っていたが、そうでもないのだなぁ。

それはそうと県庁の星読了。視点の変化が多すぎる気がした。なんにせよ映画化らしい。主演は織田裕二、柴崎コウ。ストーリーが原作と異なるのだろうなぁ。☆