日記

君のおせっかいがいつもぼくはうれしくて

肝心なことききだせない 懸命な読者ならもうお気付きかもしれませんが、ここ数ヶ月の日記のタイトルと前文 …