岡山行ってきた

職場の課内旅行!ということで岡山に行ってきました。課内旅行と言いつつ、目的地の岡山に着いた途端自由行動となり、ホテルの予約の都合上、私だけ違うホテルを選んだので初日の晩ご飯までと2日目の帰りの電車までの間はほぼ一人でした。人徳があるとかないとかは関係ないと思います。

岡山を訪れるのは人生で3度目から4度目くらい。でもゆっくりと歩き回れたのは今回が初めてでした。主に神社参拝を目的に、5社を参拝させていただきました。

吉備津彦神社。備前一宮駅(無人駅)を降りて徒歩数分くらい。ガイドのおじいさんから色々お話を聞けてとても勉強になりました。これから吉備津神社に行きますと答えると行き方もガイドしてくれました。スマホで調べますとは言いませんでした。

クリーク沿いをひたすら歩きました。

小一時間くらい歩いて吉備津神社に到着。境内は長閑で心が洗われるようでした。それだけ私の心が汚れていたのだと思います。

お昼ご飯は桃太郎うどん。雉子肉の団子ときび団子が入っていました。

吉備津駅も無人駅でした。昼下がりの田舎ってすごく寂しく感じます。

ここから岡山市内に戻り岡山神社を目指します。

岡山神社に参拝をした後は岡山城を目指しました。目指しただけです。大きい建物は近くにあるように見えてかなり遠いものです。

遠くに見える岡山城。意外と近そうに見えます。この後かなり歩いて近くまで行きましたが、さすがにお城の内部まで行く体力はありませんでした。

この後、夜の宴会でようやく仲間と合流でき、楽しい宴の時間を過ごしました。ですが、深夜にホテルに戻ってからまた一人。旅先ではいつも朝早く目が覚めるのですが、今回もご多分に漏れず5時過ぎに目が覚めました。まだ朝食会場も大浴場も開いてないので、目を閉じて寝る努力をします。ですが微睡くらいで結局6時に起きて大浴室へ。

朝食をゆっくり食べてもまだ8時前。いい加減に暇を持て余したのでチェックアウトして駅のロッカーに荷物を預けいざ倉敷へ。仲間とは別行動ですが、みんな倉敷に行くと言っていたのできっとどこかで会えるはず。

倉敷では美観地区と阿智神社を目指します。

阿智神社の入り口。ここを登ればすぐだと思っていたのですが、この後かなり坂道を歩く羽目に。

日差しがポカポカして、小鳥の囀りも心地よく、空気は爽やかで、もうずっとここにいたい、そう思う土地でした。阿智神社の境内も長閑でただぼーっとしているだけで気持ちがいい場所でした。

美観地区を通り、お茶でもしたいなとぶらぶらしていたのですが、急にお腹が痛くなったのでトイレ探しに予定を変更。トイレがある場所といえば駅か百貨店かパチンコ屋の3択。とにかく駅まで戻ります。

駅近くの百貨店でようやく人心地着いたところに同僚から「今どこ?」とメールが。「トイレ」と返事。

お昼ご飯をどこで食べようか、何を食べようかと考えるも倉敷ではなかなか一人で入れそうな店を見つけることができず、とりあえず岡山に戻ることに。

岡山に戻った後、駅の北側に行ってみようと、奉還町商店街へ。昔ながらのアーケード街をただひたすら歩く。もうさすがに寂しい。BGMはKANの「ポカポカの日曜日がいちばん寂しい」歌詞通りの寂しさに心が折れそうになるがそんな時はお寿司だ!

旅先でお昼ご飯にバラ寿司をチョイスするのは2001年の大阪以来です。バラ寿司の上に乗ってるネタをつまみにビールを一本。お腹が満たされると寂しさも少しは紛れます。

電車の時間までお土産を物色し、車内で飲む酒を仕入れ、そんなことしているとようやく同僚と合流。みんな数人のグループで倉敷に行ってたらしいのだけど、誰にも会ってないよ?人徳?

そんなわけでかなり岡山を堪能した2日間でした。やっぱり一人は寂しいので今度は家族で行きたいと思います。一緒に行ってくれるだろうか。

桃太郎。よくこの戦力で鬼退治できたなと思わせる銅像。せめて大型犬が必要ではないか。