カテゴリー: 日記

まぶしい嘘やジョークで泳ぐ気楽なeveryday

Published / by Manabu

ポーカーフェイスの作り方うまくなったけど

 

いつの間にか、って言葉が本当にぴったりなんだけど、本音を打ち明けず、建前ばかりで人と会話することに慣れてきてるなって思います。大人になったって事とはまた違う意味で。すっごいドロドロとした胸の内なんて誰にも教えない。腹も真っ黒ですからね。いひひひ。

今の自分があるのは過去のいろんな選択肢を自分で決めて歩いてきたからで、そこには遅すぎる後悔ばかりなんですけれど、それでも現状を変えたいなんて思ってるわけではないんです。色々悩みは多けれど、とりあえず飲んで先延ばしだ!

(引用:KAN「ALL I KNOW」)

肝臓は丈夫で飲んではさわぐ

Published / by Manabu

昨日の悩みで明日までなくす

 

そんなわけで正月から泥酔気味なマナブですけれども。1日の朝、ジョギングから帰ってきてひとっ風呂浴びてそっからドリンキングタイムに移行したマナブですけれども。日本酒のあとビール、そんでズブロッカなマナブですけれども。15年前はズブロッカの美味しさなんて全然分かってなかったなー。今飲んだらすげー美味しいのね。当時の彼女の味覚に脱帽ですよ。ヅラも脱げってか。ヅラじゃねーよ!

そんなこんなでずるずると過去を引きずった状態で進んでいきます。後悔は仕方のないことなんだって。だから思う存分後悔させていただきますよ!現状に不満かと言われたら、実はそうでもないんだ!

(引用:KAN「UNIT OF SOCIETY」)

よくある話と人は笑い流しても

Published / by Manabu
二人には二度とはできない忘れられない恋だね

あけましておめでとうございます。新年早々ジョギングしてきました。今年の目標は年間2000km、フルマラソン出場です。あくまでも目標です。

昨年はいろんな縁に恵まれたり恵まれなかったりした一年だったので、今年は今繋がっている縁を大切にしていきたいと思います。余計なことをしたり言ったりして無駄に縁を切ったり強めたりすることなく、現状のまま、大切な人たちを守っていこうと思います。過去は過去のこと。振り向かず前に進みます。

(引用:KAN「1989(A Ballade of Bobby & Olivia)」

人生で大切なことは繁栄も衰退も幸運も失恋ももちろん死に際も

Published / by Manabu
いかに趣があるかということだ

そんなわけで2014年最後の更新です。今年は本当に色んな縁を繋げたり切ったり、後厄ならではの大変な一年でした。ただ、それなりに楽しい一年だったような気がします。あ、Facebook止めました。やっぱり僕はこの面倒な更新スタイルが好きです。

来年は少し前向きに生きていこうと思います。色んな瞬間をしっかりと目に焼き付けて。今年も一年ありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。

(引用:KAN「オー・ルヴォワール・パリ」

 

追記:今年のweb拍手レスは今年のうちに!

【12/30 23:42 会いたい人は誰ですか?好きだった人ですか?今好きな人ですか?】

好きだった人ですかね…でも、きっと、もう会えないと思うし、会わないと思います。会う資格なんかないですし。守るべきものもあるので。

春の日には桜が咲くようにぼくたちも変わらずに笑ってるかな

Published / by Manabu
50年後も今日みたいに

もうすぐ2014年も終わりですね。生まれてきて40年以上経ってしまったので50年後っつったら90歳超えてるんすけど、その頃の僕はどうなってんのかな。まだこんな風に日記風な雑文書いたりしてんのかな。隣には誰がいるのかな。できれば好きな人に隣にいてほしいな。

最近、過去を懐かしむようになって、やたらとジジくさい毎日を送っています。もう戻れない時間に思いを馳せ、失ってしまったものを嘆きながら過ごしています。来年はもう少し明るく生きてみたい。そして50年後は優しく微笑みを残せるように。たとえそれが遺影だとしても。

(引用:KAN「50年後も」

君に逢いたくて誘えないままなのさ

Published / by Manabu
着飾った虚しさは服と脱ぎ捨てよう

素直に会いたいっていえばいいのだろうけど、今の立場とか関係とかいろんなものが邪魔をしてそれもままならない状況です。格好つけずに素直に言えるかな。ただ君に会いたいだけって。

できれば、昔行ってたバーで飲みたいけれど、もうなくなっちゃったしね。時間って優しくて残酷だよね。この時間がなきゃこんなに優しい気持ちにもなれなかったし、君に会いたいって気持ちにもならなかった。でももう元には戻れない。すっごいジレンマだ。とりあえず、着替えよう。パンツ一丁でこんな文章書いてる場合じゃないよ。

(引用:KAN「STYLISTIC」

今度君に会ったらどんな顔で笑おう

Published / by Manabu
楽しげにそれとも静かに

まだ約束もしてないし、会えるかどうかもわかんないけれど。でも借りてるものがあるから返さなきゃいけないし。これって本当はすごく嬉しいことで。返すついでにまた何か借りようか。それとも何か貸そうか。そしたらまた会う口実が作れちゃう。

久しぶりに会うのにどんな顔をして会えばいいのかわかんないけど、君が笑顔ならそれでいいかな。いつまでもずっと笑顔でいてください。

(引用:KAN「今度君に会ったら」

がんばってふざけてもほんとはね

Published / by Manabu
すごくあいたくてやっぱダメで

会いたい人に会ってちゃんと話をしておかなきゃいけないなって思うのは人生半ばを過ぎた証拠で、それなりに人生を終わる覚悟を出来た人間の話なんだなって、まだ覚悟のできてない人間は思うわけで。

そろそろちゃんとお話をしなきゃなって思うわけですよ。好きだったひとに「好きでした」と言える時間が残されているだけ幸せかなって思うわけですよ。

本当は、できれば、好きな人と、二人でお酒を飲む時間だけ残して欲しいなって思うくらいで。

(引用:KAN「Listen to the Music」

冷たく白く長い冬

Published / by Manabu
君枯れぬようにただ手をとりあたたむ

この歳になると誰かと手をつなぐなんてことがめっきりなくなりましたが、たまには手をつなぐのもいいものだと思いますよ。こんな冬の寒い日は特に。愛する人とでも、ただ片思いの相手でも、友人でも手をつなぐときっと心まで温かくなれると思いますよ。

あの時、手をつないどけばよかったって後悔しても遅いのです。手を差し出す勇気こそが大切です。その前にトイレに行ったらちゃんと手は洗っとけ!

(引用:KAN「君を待つ」

どこで何をしても見てもいつも全部君にむすびついてロンリーです

Published / by Manabu
涙でるほど好きでした

例えば一人で歩いてて素敵な景色を見つけたとき。誰かに教えたいなって気持ちになるとき。今は便利だね。スマホで撮ってSNSでシェアしたりTwitterで呟いたり。誰かが反応してくれるもんね。昔はそうもいかなくて。写真撮って現像してあんまり上手く撮れてなくて。仕方がないから今度一緒に行こうよって誘ってみたり。あれ、昔の方がなんかよくね?

そういえば彼女と別れた直後とかに「もうこの景色を共有することができないのか…。」なんてロンリーになってましたが、それもいい経験だよね。もう一度会えた時にきっと話せる日が来るさ!

(引用:KAN「サンクト・ペテルブルグ」