日記

君が僕の前に現れた日から何もかもが違くみえたんだ

朝も光も涙も歌う声も君が輝きをくれたんだ もう誰も好きにならないと決めたのはいつだったか。好きな人を …

日記

誰よりも知っている悲しい時も嬉しい時も

何度も見上げていたこの空を 仕事が終わって、外に出たらまだ夕日が沈む前で。最近は随分と日が長くなって …

日記

最後のキスはタバコのflavorがした

ニガくてせつない香り 久し振りにタバコを吸ってみた。何年ぶりだろう。タバコの買い方すら忘れてたよ。え …

日記

ねえ左手つなごうとしてる?

もう遅いよあたしじゃないでしょ 誰かと手をつなぐ時は、いつも差し出すのは左手。君に最初に差し出した手 …

日記

ラムネを買ってきて二人で飲みましょ散歩道

月が昇るまで いつだったかな。駅近くの居酒屋でほろ酔いになって、そんで同年代のノリでカラオケ歌って、 …

日記

抱きしめていたいけど涙がもうあふれちまって

歩き出す君の背中にさよならのキス 別れ際に涙を見せたことが過去にあったかどうか思い出せないけれど、最 …

日記

きっとチャンスはいくつもあって

だけど勝者はわずかひとりで 他の人からどう見えるかわからないけれど、今の僕は成功とは遠いところにいて …

日記

過ぎ去りし日々を静かに掘りかえすのです

愛した人を必死だった恋を自信に満ちた青き時代を 1998年10月からサイトをやっていたので、その間に …

日記

本当はただ笑っていたいだけなのに

最近自然な笑顔のポーズの仕方も忘れたよ 昨年末から少しずつだけど心が壊れかけていて、徳永英明風に言う …

日記

本当は分かってる2度と戻らない美しい日にいると

そして静かに心は離れてゆくと   過去はもう戻らない日々だと分かっている。分かっているけれ …