カテゴリー: 歌詞引用

冷たく白く長い冬

Published / by Manabu
君枯れぬようにただ手をとりあたたむ

この歳になると誰かと手をつなぐなんてことがめっきりなくなりましたが、たまには手をつなぐのもいいものだと思いますよ。こんな冬の寒い日は特に。愛する人とでも、ただ片思いの相手でも、友人でも手をつなぐときっと心まで温かくなれると思いますよ。

あの時、手をつないどけばよかったって後悔しても遅いのです。手を差し出す勇気こそが大切です。その前にトイレに行ったらちゃんと手は洗っとけ!

(引用:KAN「君を待つ」

どこで何をしても見てもいつも全部君にむすびついてロンリーです

Published / by Manabu
涙でるほど好きでした

例えば一人で歩いてて素敵な景色を見つけたとき。誰かに教えたいなって気持ちになるとき。今は便利だね。スマホで撮ってSNSでシェアしたりTwitterで呟いたり。誰かが反応してくれるもんね。昔はそうもいかなくて。写真撮って現像してあんまり上手く撮れてなくて。仕方がないから今度一緒に行こうよって誘ってみたり。あれ、昔の方がなんかよくね?

そういえば彼女と別れた直後とかに「もうこの景色を共有することができないのか…。」なんてロンリーになってましたが、それもいい経験だよね。もう一度会えた時にきっと話せる日が来るさ!

(引用:KAN「サンクト・ペテルブルグ」

ホント言えばやさしいんじゃなくて弱ささ

Published / by Manabu
ひとりきりの帰り道はにじむ月夜さ

これまで一番お酒を飲んでいた時期って10年以上前、正確には2000年だと思いますが、当時は味もよくわからないまま日本酒を飲んで語ったり、妙なテンションでバーボンロック一気飲みしたり、穴があったら入って埋まりたい気持ちで一杯なのです。あ、ついでに芋焼酎ロックでもう一杯。

まあそこからの衰退ぶりは散々たるもので、少し飲めば二日酔い、三日酔いはザラで、本当にお酒が苦手な日々が続きました。今年になってジョギングを始め、1ヶ月ほど断酒をするまでは。

断酒のお陰かジョギングで体調が良くなった所為か知りませんが、ここのところお酒に関しては泥酔する以外は頗る調子が良いです。二日酔いにはまずなりません。苦手だった日本酒も飲めます。さらにはテキーラをはじめとしたスピリッツも網羅できます。2000年のあの頃の体調に戻った気がします。

困ったことにお酒に付き合ってくれる人は少なくなりました。ひとりで帰る夜は転んだり職質されたりで涙滲む月夜です。

(引用:KAN「きみを想う夜」

タンスにしまってたウソもワガママも

Published / by Manabu
もてるだけもって行こう

そんなこんなで、昨夜は友人夫妻とフランス料理を食べに行ってまいりました。会話を楽しみながらゆっくり食事するのっていいですね。

ニシンとジャガイモとオリーブのサラダ

前菜:ニシンとジャガイモとオリーブのサラダ。種付きのままのオリーブを食べるのって今更ながら初めての体験でした。あとニシンを生のまま食べるのも初めてだと思います。ジャガイモは何度も食べてる。バカにすんなよ。ジャガイモなんてな、庶民でも食えるんだよー!それはそうとウイスキーにオリーブって合いますね。我が家にオリーブ常備しようかしら。

鴨肉のコンフィ

主菜:骨つき鴨肉のコンフィ。付け合わせの野菜類も美味しゅうございます。マスタードソースをつけていただくのですが、そのマスタードソースも美味しいこと。鴨肉のみならずパンにつけても素晴らしいものでした。ということでマスタードソースも今後我が家に常備しなければならないものになりました。そう言えばお店でコンフィって初めて食べました。自作コンフィとはやはり違いますね。今後も精進しようと思いました。

アリババ

デザート:アリババ。メニューに「アリババ」ってあったので店員さんに「アリババって何ですか?」と尋ねたところ「ブリオッシュをラム酒に浸したものです。」との爽やかな笑顔での回答をいただいたのです。ラム酒!そりゃラム酒好きなわたくしとしては頼まざるを得ないってことで注文させていただきました。そんでやってきたのはラム酒にブリオッシュを添えたものみたいになってました。酒弱い人ならこれで泥酔できますよね。

久しぶりに写真多用した日記を書きました。なつかしーな、この感覚。よーしこれからじゃんじゃん書いちゃうぞー!

(引用:KAN「フランスについた日」

君が辛い時迷ってる時

Published / by Manabu
ぼくはわかってあげてるのかなって考えます

正直何も分かってないのかもしれません。ただ、誰かが必要な時、助けが必要な時に、直ぐ傍にいるのは僕じゃないかもしれないけれど、それでも何らかの形で手助けできればいいなって思ってます。そんなもの必要ないって笑われるかもしれないけれど。

(引用:KAN「英語でゴメン」)

君のおせっかいがいつもぼくはうれしくて

Published / by Manabu
肝心なことききだせない

懸命な読者ならもうお気付きかもしれませんが、ここ数ヶ月の日記のタイトルと前文は歌の歌詞を引用しています。主にKANさんの楽曲からいただいています。今日はReal Reactionから引用。そもそもこの日記、リアルな日常は殆ど書いてないのにね。ほぼ嘘。まだSuperfaker引用してないですけれど。

そんな嘘日記なんですが、先週はずっと飲みっ放しで、ビール、焼酎はもちろんのこといつものテキーラやラムに加え久しぶりにウォッカ、ジン、そして数年ぶりに日本酒飲みました。記憶も失ってないし二日酔いにならなかったことを鑑みるにどうやら体調が10数年前の状態に戻ってきたみたいです。

気持ちはガキのままですが、体力だけはどうしようもないようで(泥酔しても終電で帰ります)

(引用:KAN「Real Reaction」)

こんなに待たされるのは慣れてないわけじゃないけど

Published / by Manabu
今夜ひとりは目立つのに君はおそすぎる

そういえば先日、友人と酒飲みに行ったんですが、待ち合わせの時間まで2時間ほど潰さなきゃならなくなって。

土地勘のない場所でしかも夜中で、昔だったら途方に暮れるところですが、スマートフォンってのは本当に便利だなと思いました。

遅くまで開いている本屋さんを検索して、本買って、そんで24時間営業のカフェで読書しながら時間を潰しました。

でも、よく考えたら先に店に入って飲んでてもよかったんだよな。スマホでゲームでもしながら。

(引用:KAN「KANのCristmas song」

今度はひるまないスピードは法定内自信がある

Published / by Manabu
それでもまた繰り返すのか行く手を遮る赤い旗

なんであんなに高圧的な話し方できるの。歩み寄ろうって気配が全くない。誰のために仕事してんだよ。弱者を守るのが役目だろうよ。

そんな感じでとある国家権力関係の方と決裂しました。売り言葉に買い言葉でやっちゃった感がある。どうしよう。別に犯罪犯したとかじゃないので大丈夫なんすけどね。

(引用:KAN「Red Flag」

恋愛細胞

Published / by Manabu
真っ直ぐな気持ちに向き合うだけの覚悟がまだできません

やっぱもう30歳じゃないですか。色々考えるんですよ、これからのこととか。なんにせよ、今年はうまくいく筈のことが失敗してるんで。まぁ、しばらくは気ままに過ごすつもりなんですけど。いまんとこ恋愛細胞が絶滅寸前なんで、恋愛できない状態なんですけどね。

でも、今、気になる女性がいるんですよ。年齢とか職業とかそんなことは書きませんけど。自分のこの気持ちが恋愛対象として彼女を見ているのか、それともただ単に友達になりたいという興味だけなのか、もしくは、ただヤりたいだけなのか(←失礼だ)、自分の気持ちが見えないんですよね。

週に1回、いつものダンスレッスンで会えると思うだけで、毎日気合も入るんですよ。メールのやり取りをするようになって、いつの間にか気になる存在になってたんです。

別にたいしたこたぁないんです。

別に何しようってわけじゃないんです。

なんだかこの歳で中学生みたいです。

でもこれがいわゆる恋ってやつですか?

相手が俺のことどう思ってるかなんて

そんなことどうやって聞くんでしょうか?

焼肉でも行きましょうか?

出典:「焼肉でも行きましょうよ」KAN

KANさんファンにしか分からない出典をしてごめんなさい。

晴れ 本当に正月が近いのかと思うほど暑い

Published / by Manabu

大学の同窓会より無事帰還。帰り道は案の定、渋滞していた。

同窓生はみんな学校の先生で、子供の話や先生の話などで盛り上がっていた。あの頃見ていた夢をみんなは着実に現実のものにしているような気がして、少し自分が情けなかった。

この年になると結婚している奴も多くて、今更ながら適齢期なんだと思う今日この頃。女の子が妻の顔になっているのを見て、愕然としたが。(中にはお母さんの顔になっている人もいた。)はぁ、人生というのは厳しいねぇ、先生、とても。(from B’z 「恋心」)