75.ウソツキ

Published / by Manabu

「だからぁ、違うって。ヒトミとは何にもないって!」

征人はウソをつくときに鼻の頭に小さな皺ができる。本人は気付いているのか気付いていないのか知らないけれど、あたしは征人と付き合いだした頃からこのクセに気付いていた。小さなウソも大きなウソも、あたしはみんなお見通しなのに征人本人はこのことに気付いていないのが可笑しくて、あたしはついつい騙されたフリをしてしまう。お人好しだなと自分でも思うけど、それは惚れた弱みという奴で、こればかりはどうしようもない。

「しょうがないなぁ征人は。もう誤解されるようなことしないでよね。」いつものように許してしまうあたし。

————————————————————

「しょうがないなぁ征人は。もう誤解されるようなことしないでよね。」

貴代はそう言うと左耳にかかる髪をかき上げた。あぁ、俺の言い訳に納得してないんだな、と俺は苦笑した。左の髪をかき上げる貴代は嘘を吐いている時だ。嘘に気付かない振りをする嘘ってのも変な話だと思うけど、こうして俺たちは三年も付き合っている。いつか別れる日が来たとき、一体俺たちはどんな言葉で、どんな表情で、どんな仕草で別れの時を迎えるんだろう。もちろんそんなことなど想像もできないのだけれど。

————————————————————

「汝、夫婦の神聖なる縁を結ぶことを願うか。また、これを愛し、これを慰め、これを敬い、健やかなる時も、病める時も、これを守り、その命の限り、他の者に依らず、この者のみにそうことを願うか。」

征人「はい」

貴代「はい」

二年後、彼らは結婚した。誓いの言葉を述べた征人の鼻には皺ができなかったし、貴代も髪をかき上げなかった。しかしその五年後、性格の不一致という理由で彼らは離婚した。

「やっぱり…こうするしかなかったんだよね、あたしたち…。」

「…うん、そうだな…。…俺、貴代のこと本気で愛してたよ。ごめんな。」征人の鼻に浮かぶ皺。

貴代は苦笑しながら「うん、ありがとう…。あたしも征人のこと…愛してたよ…。…さよなら。」左耳の髪をかき上げ振り返る貴代。

お互いを思いやる嘘は優しさも悲しみも包み込んで、二人の旅立ちを見守っていた。

————————————————————

同じ嘘を吐くなら、悲しい嘘より優しい嘘を。

 

冬!

Published / by Manabu

人肌恋しい季節ですなぁ

前回更新が3月って酷いほったらかし様ですが私は元気です。この間にいろいろあったのですが、まぁそれはそれ、これはこれということで。年末に向けて少しでも更新しようかって話ですが、とりあえず生存報告まで!

週末日記

Published / by Manabu
やっと

なんか年度末で息つく暇もないほど忙しいのですが、これがあと2週間は続くんですってよ奥様。ようやく週末だー飲むぞーなんて張り切ってたのですが明日も仕事ですってよ奥様。もうね癒しは娘との戯れかアニメかって話なんですが、まぁ深夜アニメの録画をうっかり忘れてしまってて…。まさか妻があんなに怒るとはね。

ケーブルTVで意外と再放送やってんだねぇ。加入しててホント良かった。

子育て日記

Published / by Manabu

風呂担当

そんなこんなで娘ももう1歳5ヶ月になったんですけど、そろそろ自我が芽生えてきたというか、イヤイヤ期突入というか、まぁ、なんていうか、子どもって面白いなぁ。

礼儀正しい子になってほしいという願いから「ありがとう」は教え込みました。「こんにちは」とお辞儀をすることもできます。気をつけ~敬礼のコンボも完璧です。出勤時には敬礼で送り出してくれます。我が娘はどこを目指しているのか。

しかしながら未だにママっ子で眠いときに父ちゃんが抱っこすると親の仇かのごとく泣き叫びますので寝付かせ担当は妻なのですが、風呂担当は父ちゃんで定着してきました。ガシャポンのカプセルケースを胸に当て「おっぱーい!」なんて技も習得中です。すんなよ!人前では絶対すんなよ!

建築日記小休止

Published / by Manabu

打ち合わせがないので話は進まない

ということで日記更新もかなりの頻度で落ちていたここ数年は一体何をしていたのかと申しますと、主にPCを触ること以外に精を出しておりました。まさかPSPに負けるとはね。まぁこのPSPも借り物だし、ソフトは1本をネチネチと骨の髄までしゃぶりつくす勢いで遊んでますよ。DSと違って毎回セーブしなくて済むし、電源切ったところから再開できるのはありがたいっすよ。寝る前数分の読書感覚ですよ。

寝る前に読書してた頃は2行くらい読んだらすぐ眠くなって、結局同じページを1週間かけて読むこともざらでしたが、その行為は今でも変わることはなく。人ってどうやって成長するんだろうね。

建築日記その3

Published / by Manabu

春分の日

久しぶりのウィークデイの休日かと思いきや先々週にインフルエンザで休んだこと思い出しました。もうねインフルエンザなんて年単位で罹患してなかったからきついのなんのって。妻と娘をすぐ実家に避難させて孤独に闘病しておりましたよ。まぁなんにしろ予防注射はしとけよって感じですかね。俺だけ打ってなかったものね。インフルエンザより家族の白い目の方がきつかったねってハナシだよね。

てなわけで建築日記なんだけど、今の契約したメーカーに決まるまですっごい紆余曲折あったんだけど、何がすごいって展示場見に行ったメーカーがすっごく営業攻勢かけてくるのね。DMとか直電とか。契約した後に「いやもう契約しましたので。」って断るのが忍びなくてね。まだ言えてない所も何社か。

放っておけば「あぁあの客は冷やかしだったんだな。」って思ってくれることを願っております。えぇえぇ冷やかしですとも!超一流メーカーで建てる財力なんてないもの!

建築日記その2

Published / by Manabu

貰えるものは貰っとけ

そもそも家を建てるきっかけになったのがたまたま新聞に入ってたチラシで見た「住宅展示場お越しの方にエビスビール500ml 6缶プレゼント」につられて、ビールもらえるんならちょっと見てみようかね~くらいの感覚だったんですよ。営業の方ってすごいね。家建てることにまるで興味ない夫婦をその気にさせちゃうんだものね。ビール貰って帰ろうぐらいの気持ちだったのに展示場出る頃にはよーし家建てちゃうぞって気持ちになってたもの。まぁ、ビールは普通に貰った。「え?こんなもの頂いちゃっていいんですか?」ってビール貰えることを知らない振りして大げさに喜んだ。いやー悪いっすねーなんて言ってたけどその日のうちに親父と2人で全部飲んだ。久しぶりのエビスビールは美味かった。

そんなこんなでいろんな住宅メーカーの展示場見て回ったんだけど、ビール貰った住宅メーカー、結局最初の1回しか行ってない。もちろん建てることになったのは別の住宅メーカー。最初の住宅メーカーの営業の方からはビールとやる気だけ貰いました。申し訳ないけど彼がいなかったら僕は家を建ててなかったので彼にはありがとうと言いたい。彼はビール返せと言いたいだろうけれど。

建築日記その1

Published / by Manabu

自分の人生に予定していなイベント

結婚して子どもが生まれて、次に予定していたイベントは子どもの卒園式で号泣だったんですが、何の因果か全く予定していなかったイベントが発生しました。どこでどんなフラグ立てたのか分かりませんが、自宅を建てることになりました。二世帯住宅です。フラグ立って自宅も建てるぞ、と。ついでにあんなとこも勃てちゃうぞ、と。お食事中の方には申し訳ございませんね。逆に食事が進む方もいるかも知れないですけどね。

とまぁ、2012年の更新一発目がこんな話で相変わらずのギンナミなのですが、家を建てる話はもうかなりのところまで進んでいて、次の打ち合わせでは壁の色や天井の色や収納関係を決めちゃいます。両親と妻の意気投合っぷりに今更ながら驚愕しております。娘と両親と婿みたいな流れですよ。何だろうねこの疎外感。一人だけ海老アレルギーだから?でもね海老アレルギーで得することもあるんだよ。先日仕出しの弁当をいただいていたとき、エビフライが生だったときは自分のアレルギーを両手で抱きしめてあげたかったね。この日のために海老アレルギーだったんだなって思ったものね。ま、他の人もすぐに気付いて誰もエビフライ食べなかったんだけどね。あ、でも最近の生チョコや生カステラなんかの生ブームで生エビフライもブームだったのかな。

そんなこんなで本題とは違う話をすることにかけては相変わらずなのですが、これからは心を入れ替えてサイトも更新したいなと思う次第であります。

13年の歳月

Published / by Manabu

ギンナミは9周年

ギンナミ明後日で9周年と相成りました。9年前の日記は読み返すといろいろ大変なのであまり読み返したくないのですが、まさか9年後こんなことになってるとは当時は予想もしてませんでした。まさか娘がスヤスヤ眠る隣の部屋で日記を書いているなんて。

挙句の果てには自分には縁がないと思っていたマイホームを建てる話まで浮上。俺の人生ゲームに「家を建てる」なんてマスはなかったはずだけどなぁ。「酒に溺れて1回休み」とか「浮気がばれて300万慰謝料」とかならなんとなく分かるけど。でも違うから!9年前には慰謝料なんて一銭も払ってないから!浮気じゃないから!

これから先のマスは「娘の結婚で号泣」とか「孫が生まれて1回休み」とか幸せなものであってほしいなぁ。でも酒に溺れて1回休みはあるかも。再来週くらいに(23日が飲み会です)。

39歳になりました

Published / by Manabu

まさかこんなことになろうとは

そんなこんなで長期休止中のギンナミですが、私ことマナブ、本日39歳になりました。サイトを始めた頃はまだ26歳だったことを鑑みるに、「お前いつまで何やってんだよ」と寂寞とした気持ちにならないでもありませんが、本年の著しい更新頻度低下は果たして今後挽回することが出来るのか定ではありません。しかしながら、せめて半年に一度の生存報告くらいはせねばと思う次第であります。

というかメインステージがfacebookやらwitterに移行し、もうhtmlもcssも忘却しつつある今日この頃、タグ手打ちでサイトを更新する御仁は一体如何ほどいらっしゃるのでしょうか。過去の遺物となりつつあるタグ手打ちテキストサイト界の盲点に君臨すべく、偶には日記を更新しようと、折角の30代最後の誕生日にこうして更新してみました。小森さんもお元気なようで安心しています。

上記の文中リンクのタグを思い出すのに四苦八苦しました。