夢見

悪夢

今朝見た夢に別れた妻が出てきた。正直、夢の中から逃げ出したくて仕方がなかった。これから先は夢の中の出来事。

—————————————-

妹の結婚式が明日に迫った。俺は既に離婚していた。(このあたり事実と異なる。妹は俺が結婚する2年前に結婚している。)しかもなぜか妹の旦那になる男は俺の別れた妻の兄だったのだ。(ここも事実と異なる。彼女には兄などいない。)彼の両親は言った。「こんなことがあるとはなぁ…。」俺だってイヤだ。別れた妻と今度は義理とは言え兄弟になるとは。俺は妹の結婚に反対した。面と向かって言うのではなく、式に出ないことで反対をアピールした。しかし、式は滞りなく進み、無事妹たちは華燭の典を挙げた。妹を始め家族、妹の旦那、その家族、式に参列していただいた人々に対し俺は申し訳なさでいっぱいだった。俺の心の甘さゆえに、俺たちの稚さゆえに離婚という選択肢を選んでしまったが為にこんなにも祝福されつつも心の中では素直に喜べない結婚をした妹に。別れた妻に対しても申し訳なく思った。

…てなとこで夢から覚めた。久し振りに苦しい夢を見た。

枕元の時計を見ると8時5分だったので慌てて飛び起きて仕事に行った。