夕方5時には家に居たい

世間では流行病の波がそろそろ落ち着きを見せ、中止や規模縮小となっていたお祭りや様々な行事は再開され、療養期間や待期期間の見直しに加え保険会社も支払い条件を見直したその直後、我が家はまんまと災禍に見舞われました。このタイミングで。お祓いで済むなら何とかしたいこの状況。

家族で感染者が少ないうちはやれ使い捨て手袋だやれ使い捨て紙コップだアルコール消毒だ次亜塩素酸ナトリウムで消毒だなどと頑張っていましたが、全員が罹患したので通常モードに移行しました。寝室だけ分けてました。みんな思いのほか快眠できたみたいです。

そんなこんなで1週間外出せず、ただひたすらに病原体との戦いだったわけですが、幸いに家族全員軽症で済みました。軽症とは言いましたが、自宅療養できるギリギリだったような気がするくらいの軽症です。本人はただひたすらに身体が痛く、睡眠すらまともに取れない夜もありました。微熱が続き、倦怠感は抜けず、晴れ渡る秋の空を窓から眺め己の不幸を呪う日々でありました。味覚や嗅覚に異常を感じた家族もおり、幸いにもとは大きな声では言えませんが、入院に至る状況ではなかったことは幸いだったのかもしれません。

と、自宅療養期間も無事経過し、ようやく日常が戻ってきたのですが、もう身体が重いのなんの。1日出勤して1日休むの繰り返し。その後に3連休なんかあった日にゃあ仕事なんか行きたくなくなること山の如し。ちゃんと出勤した自分を褒めて抱きしめてよくやったねって頭を撫でてもう今日は家に帰ってゆっくり休みなって言ってあげたい。誰か言ってください。

それはそうと、ここ数日の気候は夏から秋へ移り変わり、夕暮れ時にはそれは素晴らしい夕焼けが広がっておりまして、自宅の窓からただ外を眺めるだけの日々に夕焼けは素晴らしく美しく輝いて見えて、なんとなく自分が子供のころの昭和の風景っぽいな、なんて思ってました。夕方5時のチャイムなんかが流れてくると早く家に帰らなきゃって気持ちになるの。おかしいよね、ずっと家に居るのにね。

そんなわけで仕事してて夕方5時のチャイムが流れてくると一刻も早く家に帰りたくなります。というか夕方5時のチャイムは家で夕焼けを眺めながら聞きたい。定時は4時にすべきじゃない?

うっかりすると時が経つ

気がつきゃもう2022年になってました。昨年の更新からすっかり1年が経ってました。4月4日まで放っておくのも一つの手なのですが、そんなこと考えてたら恐らく4月4日もすっ飛ばしそうな気がします。

そんなこんなでとりあえず平和な毎日を過ごしています。世界的にはいろいろとありますが、私は犯罪に巻き込まれることもなく、ワクチン打っても熱も出ず、平凡な毎日です。

とは言え、何か新しいことを始めようと、昨年の夏から書写を始めました。写経はこれまで何度かやってましたが、書写はtwitterでお題を見つけ、なるべく丁寧に文字を書くわけですが、結構無心になれるので(まぁ、いつも何も考えてないのですけど)穏やかな心を保つことができます。

ただ、文字を書いてると筆記具に拘ってみたり、インクに拘ってみたり、はたまた紙に拘ってみたりとそれぞれの沼が存在し、案の定私もインク沼に嵌ってさあ大変。どじょうは出てきません。

筆記具も鉛筆だけではなく、色鉛筆、万年筆、ボールペン、筆ペン、ガラスペン、つけペンと最近文具店に足を運ぶ回数が増え、日本の経済を活性化させる歯車の一つになれたような気がします。

いつまで続けられるか分かりませんが(サイトの更新みたいに1年に一回とかになる可能性もあるし)、とりあえず、興味があるうちが花だと思い、日々書写に励む次第です。今年はサイトの更新も励みます(既に3月)。

令和3年3月3日

だからどうだって話なんですけど。

令和2年2月2日は何してたっけな、と思ってたんですが、珍しくこのギンナミを更新しておりました。そうか去年はコロナの影響が大きくなる前だったなあ。岡山旅行楽しかったなぁ。

で、その前のゾロ目の日は平成12年12月12日になるわけですよ。何してたっけなー。

まぁ、なんだ。28歳の私に幸あれ。

創作欲と衰え

滅多矢鱈に文章を書きたい。文章を書きたい欲とでも言おうか。ただひたすらに書きたいのだ。

ところが、最近は己にインプットする情報が極端に少なくなり、その結果アウトプットする情報も枯渇している。文章を書くどころではない。

何かしら情報を得たい。そうだ活字だ!活字を読もう!未読の書籍がまだ本棚にあるはず。ネットでも様々な意見の文章が溢れているはず。情報は歩いてこない。だから歩いて行くんだよ!

…己が老眼気味であることを失念しておりました。もう少し大きな活字を読まねば。新聞広告が良いかしら。

あけましておめでとうございます

2021年もよろしくお願いします。

昨年は年明け早々に肉離れやっちゃって、その後は例のアレの影響で思いの外活動量が減って、仕方なく臥龍鳳雛の年にしようかと思った次第です。四字熟語使ってかっこいいこと言いましたが、単に何にもしてないだけです。

年齢的に無理も効かなくなってきたので、体を労わりながら自分のできることをできる範囲でやっていこうと思います。できることならもっとのんびりしたいです。庭から石油出ないかなー。

イベント中止

コロナウイルスの影響で様々なイベントが中止になるこの状況で、上司に「仕事も中止にならないですかね。」と軽口を叩いたときの上司の目。

僕の社会人人生が中止になるかもしれません。

岡山行ってきた

職場の課内旅行!ということで岡山に行ってきました。課内旅行と言いつつ、目的地の岡山に着いた途端自由行動となり、ホテルの予約の都合上、私だけ違うホテルを選んだので初日の晩ご飯までと2日目の帰りの電車までの間はほぼ一人でした。人徳があるとかないとかは関係ないと思います。

岡山を訪れるのは人生で3度目から4度目くらい。でもゆっくりと歩き回れたのは今回が初めてでした。主に神社参拝を目的に、5社を参拝させていただきました。

吉備津彦神社。備前一宮駅(無人駅)を降りて徒歩数分くらい。ガイドのおじいさんから色々お話を聞けてとても勉強になりました。これから吉備津神社に行きますと答えると行き方もガイドしてくれました。スマホで調べますとは言いませんでした。

クリーク沿いをひたすら歩きました。

小一時間くらい歩いて吉備津神社に到着。境内は長閑で心が洗われるようでした。それだけ私の心が汚れていたのだと思います。

お昼ご飯は桃太郎うどん。雉子肉の団子ときび団子が入っていました。

吉備津駅も無人駅でした。昼下がりの田舎ってすごく寂しく感じます。

ここから岡山市内に戻り岡山神社を目指します。

岡山神社に参拝をした後は岡山城を目指しました。目指しただけです。大きい建物は近くにあるように見えてかなり遠いものです。

遠くに見える岡山城。意外と近そうに見えます。この後かなり歩いて近くまで行きましたが、さすがにお城の内部まで行く体力はありませんでした。

この後、夜の宴会でようやく仲間と合流でき、楽しい宴の時間を過ごしました。ですが、深夜にホテルに戻ってからまた一人。旅先ではいつも朝早く目が覚めるのですが、今回もご多分に漏れず5時過ぎに目が覚めました。まだ朝食会場も大浴場も開いてないので、目を閉じて寝る努力をします。ですが微睡くらいで結局6時に起きて大浴室へ。

朝食をゆっくり食べてもまだ8時前。いい加減に暇を持て余したのでチェックアウトして駅のロッカーに荷物を預けいざ倉敷へ。仲間とは別行動ですが、みんな倉敷に行くと言っていたのできっとどこかで会えるはず。

倉敷では美観地区と阿智神社を目指します。

阿智神社の入り口。ここを登ればすぐだと思っていたのですが、この後かなり坂道を歩く羽目に。

日差しがポカポカして、小鳥の囀りも心地よく、空気は爽やかで、もうずっとここにいたい、そう思う土地でした。阿智神社の境内も長閑でただぼーっとしているだけで気持ちがいい場所でした。

美観地区を通り、お茶でもしたいなとぶらぶらしていたのですが、急にお腹が痛くなったのでトイレ探しに予定を変更。トイレがある場所といえば駅か百貨店かパチンコ屋の3択。とにかく駅まで戻ります。

駅近くの百貨店でようやく人心地着いたところに同僚から「今どこ?」とメールが。「トイレ」と返事。

お昼ご飯をどこで食べようか、何を食べようかと考えるも倉敷ではなかなか一人で入れそうな店を見つけることができず、とりあえず岡山に戻ることに。

岡山に戻った後、駅の北側に行ってみようと、奉還町商店街へ。昔ながらのアーケード街をただひたすら歩く。もうさすがに寂しい。BGMはKANの「ポカポカの日曜日がいちばん寂しい」歌詞通りの寂しさに心が折れそうになるがそんな時はお寿司だ!

旅先でお昼ご飯にバラ寿司をチョイスするのは2001年の大阪以来です。バラ寿司の上に乗ってるネタをつまみにビールを一本。お腹が満たされると寂しさも少しは紛れます。

電車の時間までお土産を物色し、車内で飲む酒を仕入れ、そんなことしているとようやく同僚と合流。みんな数人のグループで倉敷に行ってたらしいのだけど、誰にも会ってないよ?人徳?

そんなわけでかなり岡山を堪能した2日間でした。やっぱり一人は寂しいので今度は家族で行きたいと思います。一緒に行ってくれるだろうか。

桃太郎。よくこの戦力で鬼退治できたなと思わせる銅像。せめて大型犬が必要ではないか。

大分に行ってきました

職場の同じ役職の方々と一緒に大分に行ってきました。研修とか会議ではなく慰安と懇親を兼ねた旅行。思いの外楽しかったのです。

別府の地獄めぐりは人生4度目か5度目くらいで、毎回新しい発見があります。今回は公式の地獄の他にも私設の地獄を発見したことです。閉鎖された地獄もありました。どちらかといえばそちらが本当の地獄のような気がします。

初日の夜にバスの中に携帯を忘れて、まあ、翌日も同じバスだったので無事手元には戻ってきたのですが、スマホのない夜を過ごすのも悪くないなと思いました。ぶっちゃけ懇親会で酔っ払って部屋に戻って翌朝までぐっすりだったのですけど。

ワニかわいい。そう思えるのは柵があるから。

あけましておめでとうございます

2020年になりました。

もう3日ですけど。でも昨年より1日早い更新です。

年末年始で9連休になりまして、そんなにやることなく食っちゃ寝の生活繰り返してます。そういえばこの年末年始、お外で飲んでない!えらい!

外に出るのが億劫なだけです。そんな感じで今年もよろしくお願いします。