月別: 2001年3月

小さな事からコツコツと

Published / by Manabu

車を1年点検に出したため、日中は外に出ず。唯一ダンスだけのために外出。始めた頃は身体が動かなくて苦労してたが、今では意外とスムーズに動くようになった。振り付けも短い時間で覚えられるようになってきた。日々の積み重ねの成果だなぁ。

そう、日々の積み重ねが大事なのである。明日から新学期が始まる。いつも初心を忘れずに、日々努力していこうと思う。人に優しく、自分に厳しく。チャレンジ精神も忘れずに。

卒業

Published / by Manabu

ジュニアテニスクラブの生徒がひとり、この春卒業する。4年生の頃から面倒を見てきた子だったので、感激もひとしおだ。そんな訳で今日はジュニアテニスお別れボウリング大会が開催された。

ボウリングは正月にして以来。まぁ、コーチが子供に負けるはずないとタカをくくっていたのだが、ふと昨年のことを思い出した。「そういえば去年はコイツに負けた…」そこから敵意剥き出し。10フレームまで勝敗が決まらないデッドヒートの末、かろうじて勝利を収める。大人気無い俺。

っていうか、小学生のくせに140オーバーのスコアってどうよ?俺の平均スコアは130そこそこだってのに。

先輩からの励まし

Published / by Manabu

放課後(仕事終了後)、次の会議までの空き時間にK子先輩と話した。そんで、いろいろ励まされた。少し気が楽になった。回らなかった首も少しずつ回るようになった。立ち止まってる俺の背中をバシバシと叩くK子先輩。もう少し時間はかかるかもしれないけど、がんばってみます。ありがとう、K子先輩。先輩も旦那といつまでも仲良くね!

桜のトンネル

Published / by Manabu

俺の通勤経路に某大学の横を通る道がある。この道の両脇の桜が今満開になっている。もうすぐ桜は終わってしまうだろうが、その散りゆくときにこの道を通ることを楽しみにしている。風が吹いて桜の花びらがヒラヒラと舞う。その中をゆっくりと走ってみたい。4年間通勤してきたが、今まではこの道を通っていなかったため、この春が最初になる。桜を見ていると新しいことも始められそうな気がしてくる。なんだかワクワクするんだよね。新入生の気分で。

「てめぇの頭の中にも桜が咲いてんじゃねぇのか?」っていうツッコミは却下。

さて、ゴスペルを始めて3ヶ月が過ぎようとしている。最近ではよく声も出るようになった。音程はまだ不安だけど、なんとか食らいついていってるってカンジ。そういえばゴスペルに行きはじめてカラオケに全然行っていない。今ならマイクを通さずとも大きな声が出せると思うのだが…。今夜はファルセット(裏声)の練習だった。学生時代に先輩から教えられたことが頭に残っていたので、思い出しながら声を出していた。先生に「ファルセット、良く出ますね」と誉められた。これも諸先輩方のお陰か?というわけでTe-tsuさんをはじめ諸先輩方、どうもありがとうございました。

新しいことへの挑戦

Published / by Manabu

人事異動にちなんで。

先輩が異動した。ということで激励会を催してきた。先輩の笑顔が印象的だった。けれど、新しいことへの不安もあるだろうと思う。90%の喜びと10%の不安かな?

新しい場所。新しい出会い。期待と不安は付きまとう。それでも僕らはいつまでも古いことに縛られているわけにはいかない。 不安を期待に変えてしまえる人は強いなと思う。

うれしはずかし春の空

Published / by Manabu

タイトルに深い、というか浅い意味もナシ。

今朝の朝の空、すごく青くて、心も晴々!いや、おそらくは寝不足解消した為のスッキリ感からきているのだろうけど。それでも、だんだんと春になっていくのって嬉しい。夏が待ち遠しいところである。

桜もそろそろいい具合になってきた。今週末花見に行こうかとも思っていたが、既に遅くなりそうな気配である。いや、結局仕事が入り花見には行けそうにもないので、そのあたりはよしとしよう。いや、まて。夜桜という手もあるな…。どこかにライトアップされている夜桜あるかな?探してみるか。

今日は人事異動の内示が出た。俺の部署は誰も異動せず。よって歓送迎会はナシ。酒を飲む口実をひとつ失ったが、最近飲みすぎている気配もあるので控えるにはちょうどいいかも知れない。それでも部屋でビール片手にこの日記を書いている。夜風も心地よいが、今夜は月が見えないのが残念だ。

筋肉痛が止まらない

Published / by Manabu

今日の日記にタイトル、C-C-Bの曲みたいでカッチョいい。

金曜日はまたもやネジテパへ。坂本兄さんに餞別を渡してすぐに帰った。(と言っても3杯は飲んだ。)10時から学校の友達の誕生会兼送別会。馬鹿な話で大盛り上がり!!「マナブさんの最初の頃のイメージがぁ…」と、年下の男の子をがっかりさせたが、仕方ない。だってこれが俺だもん。っていうかどんなイメージで見てたのかが気になるな…。今度聞いとこう。

そんで土曜日はテニス部の合宿。みっちりテニスをして温泉に浸かり、美味しいご飯と美味しいお酒で大満足。夜中、ひとりでぶらぶらと散歩した。夜中で灯りも少なくて怖かったので知人に電話をした。1年前に俺がした酷い仕打ちを今更謝った。っていうか1年振りに話をして、元気そうなので安心した。俺の心配までされた。なんていうか…腹の中は分からないけど、笑って、ちょっとキツイ冗談も言えたので良かったよ。

そんで今日帰って来て今度は卓球。昨日のテニスで筋肉が固まりかけたところへこの仕打ち…。明日の朝は俺は一体どうなっているんだろう…って言うか全身痛いのよ。腹筋がこんなに痛いのも久しぶりだ。さ、夏に向けて身体を少しずつ鍛えていくか!

ふと考えたこと

Published / by Manabu

このサイトを立ち上げてから2年半が経とうとしている。コンテンツはいろいろ変わってきたが、立ち上げた当時から変わっていないのがこの日記である。多少レイアウトは変化したものの、このスーパー三日坊主空海な俺がここまで続けられるのも珍しい。根性のなさでは人一倍と自負している俺である(自負すんな)。なにせ某有名バーガーチェーン店「マ○ドナ○ド」のバイトを3時間でやめた男である。中国地方で勢力を保つ某コンビニ「ポ○ラ」のバイトは「腹が痛い」と言ってよく休ませてもらったし、パチンコ屋のバイトに至っては、その場所まで行くバス代がなく無断欠勤してやめてしまったということもあった。

てなわけで日記である。毎日書いているわけではないから「日記」と呼ぶにはおこがましい気もするが、友人の中には「週記」だったり「月記」だったりする奴もいるので、まぁ、日記もどきと呼ぶ方が妥当ではある。

ちなみに俺のサイトの中でアクセスが一番多いのもこの日記である。一番読まれているということで一応俺としても力を入れねばと思ってはいるが、なにせ文章力が欠けているので、それなりの文章しか書けず、本人としては悔しい限りである。もうすこしウイットに富んだ文章を書いてみたいものだ。

なんだか日記らしくないので、今日起こったことを書こう。お給料を貰ったので仕事帰りに本を2冊購入した。鷺沢さんの「奇跡の島」と爆笑問題の「三三七拍子」。なんだか全く違うジャンルだな。本当はもっと買うつもりだったが、しばらく読む時間が取れそうにないので、読み終わってから買おうと思う。

実はここまで日記を書きながらEARLY TIMESのミニボトルをラッパ飲みしていたのだが、そろそろなくなりそうだ。最近酒が多すぎる気がしないでもないが、この時期は体調が優れているのでいくら飲んでも大丈夫である。精神状態も元に戻ったようである。さぁ、これから少しずつ前に進もう。案外ムーンウォークしてたりして。

4年ぶりの再会と9年ぶりのコンサートと初めての失態

Published / by Manabu

専門学校時代の友人が大阪から里帰り。暇だから遊んでくれと言うので、昼頃のこのこと天神まで出て行く。ラーメンを食い、ゲーセンに行き、コーヒーを飲み、キャナルシティまで歩き、とにかくあらゆることをして時間をつぶした。友人も大満足のようだった(顔は疲れていたが)。4年前とはほとんど変わらぬペースに多少驚きはしたものの、人ってそんなに変わるもんじゃないんだなと実感した。辛口かつ毒舌トークも相変わらずだったし。いや、俺の方が毒舌だったかもしれん。

5時過ぎに友人と分かれて、福岡市民会館へ。俺にとって9年ぶりとなるKANさんのコンサート。詳しくはMusic Talkにて。

そんで、コンサート終わって久し振りに「ネジテパ」に行ったら、バーテンの坂本兄さん、今月いっぱいでやめるって話で、なんかせっかく知り合いになれたのにすごく残念…。今月、行ける限りは行こうかなって思ってます。っていうか坂本さんの1ファンとして。ジンバック3杯目を飲んでいるときに携帯が震えた。知人からで、今飲んでるということで、場所を聞くとすぐ近く。「ひとりで飲んでて淋しいんだよぅ。俺も仲間に入れてくれよぅ。」と駄々をこね、無理やり乱入する。っていうか、奥様方の飲み会に参加するなんてなかなか体験できないことを体験したぞ。ひとしきり飲んで、終電近くなったので帰ることにした。

その後、悲劇は起こった。

確かに酔ってた。疲れてもいたし、精神状態もあまりよろしくない状況だったので、酒の回りも早かった。電車の中で熟睡してしまうほどに。でもね、これまで酔って寝てても自分の降りる駅の手前では目が覚めていんだよ。今回が初めてだよ。久留米まで行っちゃったのは。ちなみにここ福岡以外の方も読んでるだろうから地理を説明すると、福岡~太宰府間のタクシー料金って5,000円ちょっとくらい。太宰府~久留米間は6,000円もとられたのよ。そりゃ深夜料金ってのもあったけど、あまりにも馬鹿馬鹿しい出費。電車の乗り越しもしてるしね。もうそりゃへこんだよ、久し振りに。せっかくコンサートで感動してたのにさ。

すべて自分が悪いんだけどさ。

霞む太陽

Published / by Manabu

黄砂の影響だろうか、太陽が一日中霞んで見えた。今日は旅行でボケた頭を通常に戻すのに必死だったが、また明日は休みである。なんだか冷水と温水に交互に漬けられるみたいで、さぞかし新陳代謝も良くなることであろう。