バツイチ貴族

ガスコンロまでなくなったので、調理ができないなぁ。
お湯沸かそうにも電子ポットもない。
困った。。。
と思っていたら。
某アム○ェイで妹が購入していた
「インダクションレンジ」(いわゆる電磁調理器)
貰い受けました。
これで湯沸しもシチューもビーフストロガノフも思いのままだぜ!

…すまん、使い方が分からん…。

マニュアルを見ながら、ようやくお湯を沸かすことだけには成功。
…今週末にでもガスコンロを買いに行こう…。

身の回りの品々を眺めてみる。
生活のために犠牲にしてきたものが多々ある。
これまで「センス」より「利便性」を重要視してきたからだ。
もちろん「低価格」ってのもあったが。
これからは自分の生活を維持できる程度に「センス」を重要視しようと思う。
一人だからできることだとは思うが。

えーっと…
「もう結婚する気はないんですか?」って質問は却下です。
そのうち、相手が見つかればしますよ。
でも、ちゃんと考えて、相手の考えも聞いて、
それで俺に相手を受け入れるキャパがあって、
相手にも俺を受け入れてくれるキャパがある。
そんな人が理想です。

何をしても許せるとかそういうのではなくて
ちゃんと同じ方向を向いている人
そして時には向かい合って正直に話せる人

意外と理想は厳しいです。