打ち初め

先週の話だけれど

27日にようやくテニス打ち初めを行うことができた。打ち初めだというのになぜか練習試合。小雨が降る中2試合を行い2戦2勝。上々の2007年である。昨年の練習の成果が出たというものである。

決して雨の所為で勝っただとか、組んだペアが巧かっただとか、へろへろボールに相手が戸惑っていただとかそんなことではないのだ。実力なのだ。運も実力のうちなのだ。俺の運が天候すら味方につけるほどのものとなった今、全豪オープンで惜しくも準優勝となったシャラポアにすら対戦中に雨を降らせあの有名な乳首をくっきりと浮かび上がらせることができるかも知れない。

もちろんテニスの実力はたいしたことないのですぐに負ける。