奥八女黒木ハーフ走行記

昨日のハーフマラソン、記憶のあるうちに記録残しとこう。

・スタート~2km

号砲と同時にスタートしたはいいのだけれど、人が多く前が詰まってて思うように進めない。まあこんなもんだよねとは思ってたけど、250m地点で1分37秒、1km6分半ペースだったので、せめて6分切るくらいまでペースを上げようと少しずつ早めてみる。でも最初から飛ばすの怖いよねと2kmの時点でペースが5分9秒。慌ててペースを落とし始める。

・~折り返し地点(9km)

5分30秒ペースで坂道を登る。ちょうどいいペースメーカーがなかなか見つからない。とりあえず前方の人に追いついてまたその次に追いつけそうな人を探すといった感じ。7km地点でトップの人とすれ違う。つまり俺の倍速で走ってんだよね、あの人たち…。ようやく坂を登りきり、折り返し。給水所で八女茶だ!と思ってコップを取ったら空だったことに軽くショックを受ける。

・~12km
勢いに任せて坂を下る。この日最速ラップ4分37秒を叩き出す。これが後に響くことになることをまだ俺は知らなかった。12km地点まで5分を切るペースで調子よく走る。沿道で応援してる方々に笑顔を振りまく余裕も出てくる。おじいちゃんとハイタッチまで交わした。

・~第2折り返し地点(14.6km)
蛍橋で応援してくれている職員さんに「これ登るんすか?」と思わず言ってしまうほどの急坂が目の前に現れる。がんばってーと言われて笑顔を返したんだけど、きっとすっごく引きつっていたに違いない。なんとかペースを落とさないようにと思ってたけど、この日最遅の6分3秒。大丈夫、このあとはずっと下りだ。

・~18km
第2折り返し過ぎからどんどんいろんな人に追い越される。残り5kmくらいでみんなスパートかけてるんでしょうね。もうスパートなんてかける余裕なし。それでも5分20秒くらいでなんとかペース維持。

・~ゴール
もはや残りの距離をカウントダウンすることでしかモチベーションを維持できない。20kmからの1kmがすごく辛い。ゴール付近で妻と娘が応援「パパがんばれー!」と声をかけてくれた娘とハイタッチを交わして少し元気に。公式記録は1時間54分9秒。目標の1時間55分切りは達成。NIKE+のタイムは1時間52分47秒。なんだろうねこの誤差。高低差200mのこのコースを走りきったことで自信はついた。次は玉名ハーフ?

こんなに待たされるのは慣れてないわけじゃないけど

今夜ひとりは目立つのに君はおそすぎる

そういえば先日、友人と酒飲みに行ったんですが、待ち合わせの時間まで2時間ほど潰さなきゃならなくなって。

土地勘のない場所でしかも夜中で、昔だったら途方に暮れるところですが、スマートフォンってのは本当に便利だなと思いました。

遅くまで開いている本屋さんを検索して、本買って、そんで24時間営業のカフェで読書しながら時間を潰しました。

でも、よく考えたら先に店に入って飲んでてもよかったんだよな。スマホでゲームでもしながら。

(引用:KAN「KANのCristmas song」

今度はひるまないスピードは法定内自信がある

それでもまた繰り返すのか行く手を遮る赤い旗

なんであんなに高圧的な話し方できるの。歩み寄ろうって気配が全くない。誰のために仕事してんだよ。弱者を守るのが役目だろうよ。

そんな感じでとある国家権力関係の方と決裂しました。売り言葉に買い言葉でやっちゃった感がある。どうしよう。別に犯罪犯したとかじゃないので大丈夫なんすけどね。

(引用:KAN「Red Flag」

冬!

人肌恋しい季節ですなぁ

前回更新が3月って酷いほったらかし様ですが私は元気です。この間にいろいろあったのですが、まぁそれはそれ、これはこれということで。年末に向けて少しでも更新しようかって話ですが、とりあえず生存報告まで!

週末日記

やっと

なんか年度末で息つく暇もないほど忙しいのですが、これがあと2週間は続くんですってよ奥様。ようやく週末だー飲むぞーなんて張り切ってたのですが明日も仕事ですってよ奥様。もうね癒しは娘との戯れかアニメかって話なんですが、まぁ深夜アニメの録画をうっかり忘れてしまってて…。まさか妻があんなに怒るとはね。

ケーブルTVで意外と再放送やってんだねぇ。加入しててホント良かった。

子育て日記

風呂担当

そんなこんなで娘ももう1歳5ヶ月になったんですけど、そろそろ自我が芽生えてきたというか、イヤイヤ期突入というか、まぁ、なんていうか、子どもって面白いなぁ。

礼儀正しい子になってほしいという願いから「ありがとう」は教え込みました。「こんにちは」とお辞儀をすることもできます。気をつけ~敬礼のコンボも完璧です。出勤時には敬礼で送り出してくれます。我が娘はどこを目指しているのか。

しかしながら未だにママっ子で眠いときに父ちゃんが抱っこすると親の仇かのごとく泣き叫びますので寝付かせ担当は妻なのですが、風呂担当は父ちゃんで定着してきました。ガシャポンのカプセルケースを胸に当て「おっぱーい!」なんて技も習得中です。すんなよ!人前では絶対すんなよ!

建築日記小休止

打ち合わせがないので話は進まない

ということで日記更新もかなりの頻度で落ちていたここ数年は一体何をしていたのかと申しますと、主にPCを触ること以外に精を出しておりました。まさかPSPに負けるとはね。まぁこのPSPも借り物だし、ソフトは1本をネチネチと骨の髄までしゃぶりつくす勢いで遊んでますよ。DSと違って毎回セーブしなくて済むし、電源切ったところから再開できるのはありがたいっすよ。寝る前数分の読書感覚ですよ。

寝る前に読書してた頃は2行くらい読んだらすぐ眠くなって、結局同じページを1週間かけて読むこともざらでしたが、その行為は今でも変わることはなく。人ってどうやって成長するんだろうね。

建築日記その3

春分の日

久しぶりのウィークデイの休日かと思いきや先々週にインフルエンザで休んだこと思い出しました。もうねインフルエンザなんて年単位で罹患してなかったからきついのなんのって。妻と娘をすぐ実家に避難させて孤独に闘病しておりましたよ。まぁなんにしろ予防注射はしとけよって感じですかね。俺だけ打ってなかったものね。インフルエンザより家族の白い目の方がきつかったねってハナシだよね。

てなわけで建築日記なんだけど、今の契約したメーカーに決まるまですっごい紆余曲折あったんだけど、何がすごいって展示場見に行ったメーカーがすっごく営業攻勢かけてくるのね。DMとか直電とか。契約した後に「いやもう契約しましたので。」って断るのが忍びなくてね。まだ言えてない所も何社か。

放っておけば「あぁあの客は冷やかしだったんだな。」って思ってくれることを願っております。えぇえぇ冷やかしですとも!超一流メーカーで建てる財力なんてないもの!

建築日記その2

貰えるものは貰っとけ

そもそも家を建てるきっかけになったのがたまたま新聞に入ってたチラシで見た「住宅展示場お越しの方にエビスビール500ml 6缶プレゼント」につられて、ビールもらえるんならちょっと見てみようかね~くらいの感覚だったんですよ。営業の方ってすごいね。家建てることにまるで興味ない夫婦をその気にさせちゃうんだものね。ビール貰って帰ろうぐらいの気持ちだったのに展示場出る頃にはよーし家建てちゃうぞって気持ちになってたもの。まぁ、ビールは普通に貰った。「え?こんなもの頂いちゃっていいんですか?」ってビール貰えることを知らない振りして大げさに喜んだ。いやー悪いっすねーなんて言ってたけどその日のうちに親父と2人で全部飲んだ。久しぶりのエビスビールは美味かった。

そんなこんなでいろんな住宅メーカーの展示場見て回ったんだけど、ビール貰った住宅メーカー、結局最初の1回しか行ってない。もちろん建てることになったのは別の住宅メーカー。最初の住宅メーカーの営業の方からはビールとやる気だけ貰いました。申し訳ないけど彼がいなかったら僕は家を建ててなかったので彼にはありがとうと言いたい。彼はビール返せと言いたいだろうけれど。