月夜桜

俺が所属する部署は今年は誰も異動がなかった。にも関わらず歓送迎会を催す素敵な部署。

帰り道、川沿いの桜の下で足を止めて空を見上げた。花の隙間から月。しばらくそのまま見上げていた。

胸の奥が痛くなったが、首も痛くなった。

青空と桜

午前中出張で青空の下をドライブ。帰り道ではエアコンをつけるくらいの陽気。仕事やめて海まで突っ走りたい気分だった。

夜はゴスペル。VTのおかげで随分と声が出るようになった。そこはかとなく嬉しい。ただ声は出てもそれが正しい音だとは限らない…うむぅ、こればかりは精進せねばなるまい。

久しぶりの学校

無理やり時間を作って2週間ぶりに学校へ行った。クラスのメンバーが総入替りしていた。時間がないことを言い訳にしてたような気がするが、2週間のブランクを2時間で埋めてきた。早く進級テストを受けなければ。

さて、CD Reviewを更新する予定だったが、何せ昨年発売されたものを今更書いても、という気になっている。未開封のまま放置していた俺が悪いのだが。ま、この際だ。気にせずにReviewを書こう。ということで近日アップ予定。

新学期

気分が変わったような気がするが、気のせい。

今日は新人がやってきた。男性4名に女性2名。人事担当者より「今年の新人は顔で選んだ」とは訊いていないが、 前評判が良いので、期待していた。しかし…。いや、俺はまだ誰も見ていないのでノーコメント。

とここまで書いて、そういえば男性2名と女性2名を見た事を思い出した。男性1名は今時のカンジだった。もう1名は真面目そうな雰囲気。女性は二人とも可愛かったです、ハイ。

敵を作らない言葉の言い回しを随分と覚えた。

小さな事からコツコツと

車を1年点検に出したため、日中は外に出ず。唯一ダンスだけのために外出。始めた頃は身体が動かなくて苦労してたが、今では意外とスムーズに動くようになった。振り付けも短い時間で覚えられるようになってきた。日々の積み重ねの成果だなぁ。

そう、日々の積み重ねが大事なのである。明日から新学期が始まる。いつも初心を忘れずに、日々努力していこうと思う。人に優しく、自分に厳しく。チャレンジ精神も忘れずに。

卒業

ジュニアテニスクラブの生徒がひとり、この春卒業する。4年生の頃から面倒を見てきた子だったので、感激もひとしおだ。そんな訳で今日はジュニアテニスお別れボウリング大会が開催された。

ボウリングは正月にして以来。まぁ、コーチが子供に負けるはずないとタカをくくっていたのだが、ふと昨年のことを思い出した。「そういえば去年はコイツに負けた…」そこから敵意剥き出し。10フレームまで勝敗が決まらないデッドヒートの末、かろうじて勝利を収める。大人気無い俺。

っていうか、小学生のくせに140オーバーのスコアってどうよ?俺の平均スコアは130そこそこだってのに。

先輩からの励まし

放課後(仕事終了後)、次の会議までの空き時間にK子先輩と話した。そんで、いろいろ励まされた。少し気が楽になった。回らなかった首も少しずつ回るようになった。立ち止まってる俺の背中をバシバシと叩くK子先輩。もう少し時間はかかるかもしれないけど、がんばってみます。ありがとう、K子先輩。先輩も旦那といつまでも仲良くね!

桜のトンネル

俺の通勤経路に某大学の横を通る道がある。この道の両脇の桜が今満開になっている。もうすぐ桜は終わってしまうだろうが、その散りゆくときにこの道を通ることを楽しみにしている。風が吹いて桜の花びらがヒラヒラと舞う。その中をゆっくりと走ってみたい。4年間通勤してきたが、今まではこの道を通っていなかったため、この春が最初になる。桜を見ていると新しいことも始められそうな気がしてくる。なんだかワクワクするんだよね。新入生の気分で。

「てめぇの頭の中にも桜が咲いてんじゃねぇのか?」っていうツッコミは却下。

さて、ゴスペルを始めて3ヶ月が過ぎようとしている。最近ではよく声も出るようになった。音程はまだ不安だけど、なんとか食らいついていってるってカンジ。そういえばゴスペルに行きはじめてカラオケに全然行っていない。今ならマイクを通さずとも大きな声が出せると思うのだが…。今夜はファルセット(裏声)の練習だった。学生時代に先輩から教えられたことが頭に残っていたので、思い出しながら声を出していた。先生に「ファルセット、良く出ますね」と誉められた。これも諸先輩方のお陰か?というわけでTe-tsuさんをはじめ諸先輩方、どうもありがとうございました。

新しいことへの挑戦

人事異動にちなんで。

先輩が異動した。ということで激励会を催してきた。先輩の笑顔が印象的だった。けれど、新しいことへの不安もあるだろうと思う。90%の喜びと10%の不安かな?

新しい場所。新しい出会い。期待と不安は付きまとう。それでも僕らはいつまでも古いことに縛られているわけにはいかない。 不安を期待に変えてしまえる人は強いなと思う。